漫画ネタバレ

消せない「私」 5話ネタバレ!徳道仁と再会した硝子の行く末は…

ギャラクシーコミックで配信中の「消せない「私」 ~炎上しつづけるデジタルタトゥー~」5話のネタバレです。

【前回のあらすじ】

藍里の結婚式に、これまで集めて来た情報をVTRで流した硝子。

狼狽した藍里は会場から逃げ出そうとします。

ところが階段から転落し顔に大怪我を負って…?

消せない「私」 ~炎上しつづけるデジタルタトゥー~4話ネタバレはこちら!

消せない「私」 ~炎上しつづけるデジタルタトゥー~5話ネタバレ

ふふ、ついにやったわ…と藍里の写真を握りつぶしながら微笑む硝子。

藍里の結婚式翌日、世間はあの時の話題で持ちきりでした。

絶対女の方も何かあると思ってた~だってあの顔でしょ?結婚式で過去大暴露とか超恨まれてるし。

結婚式で流れたハメ撮りの元動画ネットで落ちてたぜと、男達は沸き、マジかよ俺も見る、と藍里の映像は広がります。

米沢嫁ヤバイよね、なんかしかも階段から落ちて大怪我したらしいよ。

私の友人搬送先の病院に勤めてるんだけど毎日ずーっと同じことをぶつぶつ呟いてるとか、あの女のせいでって…。

そんな街の声を聞きながらニヤッと微笑みます。

まだよ藍里、私が受けた苦しみはこんなものじゃない、貴方の今後の人生もずっとずっと苦しめばいい、ずっと世間の笑いものに…。

ねえ見てコレ、無礼漢の丹羽くん結婚だってー!と言うと、ええー私丹羽担だったのにーと嘆く街の女性達。

その様子に藍里はもう別のゴシップが…と複雑な表情を浮かべます。

街頭のテレビ画面も、LIMEも、皆が芸能人の結婚に沸きました。

新しいニュースが来たら人はすぐに飛びつく、それの繰り返し…。

記録には残っても記憶には残らない、私はこんなに苦しんでいるのに。

私の復讐も人からしてみればただの面白いゴシップ、そしてすぐに忘れられてしまう…と硝子の胸中は複雑な思いでした。

一人で入ったバーでアフィニティを飲み、心を落ち着ける硝子。

ジントニックで、と言う声が聞こえ先をふと見ると、お久しぶりです2か月ぶりでしょうか、と店員はその男に話しかけます。

やっと大きい仕事が片付いたからな、今日は祝い酒だ、と言う男の顔にはっとする硝子。

徳道さん…?と言うと、今プライベートだ、と仁は不愉快そうにこちらを見て、硝子…?とかつての面影に気付きます。

まさかの再会に、こんな偶然があるなんて、と硝子自身驚いていました。

久しぶりだな、硝子と言われ、徳道さんこそ、と硝子が返すと二人の間に会話はありません。

しばしの沈黙の後、このお店、よく来てるんですか?と言う硝子。

よく来て…というか、俺の店だ、この店のバーテンダーは口が堅くて信頼できるしな、と言う仁。

Utuberで作った金と知名度を元手に事業を始めた、おかげさまで売り上げも悪くない。

その言葉を聞きながら硝子は、かつて仁と出会った時の事を思い返します。

何でコスメで動画配信をしようって思ったんですか?と言う硝子の問いに、男なのにコスメってやっぱ変?と言う仁。

硝子はそんなつもりじゃ…と狼狽しますが、仁は、大丈夫変だって言われ慣れてるし、と答えます。

そうだな、強いて言うなら、俺が生きてきた中でコスメを一番勉強したからかな…。

俺の知っている技術や情報で少しでも笑顔になってくれる人が居るのならそれもいいなって思ってるんだ。

そんな仁の言葉に、かつてはときめくこともあった硝子。

…徳道さん、昔と違って金にがめつくなりましたね、と硝子は言います。

人間色々とあるんだよ、お前こそ化粧ケバくなってるぞ、と答える仁。

煙草を吸おうとした仁に硝子はどうぞ、とライターを差し出します。

随分手慣れてるな、と言われ、私も色々とありまして、と答える硝子。

硝子…お前、今は何してるんだ?と言う言葉に硝子はふ、っと笑います。

何をしていると思います?…復讐です。

知りたいですか?徳道さん、あのあと何があって、私が今何をしているか。

そう話しながら硝子は、これは全て酔っているからで、この人になら何もかも話したくなるのはそのせいだと感じていました。

あの炎上のあと、実家が火事になり、逃げるように学校を辞め、祖母の家に身を寄せました、と話し出す硝子。

田舎であってもどこからか野次馬がやってきて、彼らの興味が亡くなるまで硝子は家から出られませんでした。

そしてやがて精神のバランスを崩し、顔に落書きの幻覚が見えるようになり、過食を繰り返した。

祖母に迷惑をかけるだけの厄介者になってしまった、と語る硝子。

食べて太って、またそれの繰り返し、苦しくても辞められず、とあるきっかけで生きる意味を見つけた。

自分達を地獄に突き落とした癖に幸せそうに笑う奴らに復讐しよう、と。

死ぬ気でダイエットして、状況と必要経費を貯める為に夜の街で働きました、と語る硝子。

水商売か…ライターの付け方が手慣れていると思ったら…と仁は納得します。

復讐の為にがむしゃらに働くうち、気づけば店のナンバー3となっていた硝子。

復讐の事も忘れてしまうくらいに、自分自身が評価された事が嬉しく感じました。

けれど結局、硝子は自分の過去から逃げられなかったのです。

ある日見せられた古い映像、ねえこれレイアちゃんでしょ、と当時の源氏名で問い詰められた硝子。

君ってスキモノだったんだね、JKの時の?胸おっきくなったね、俺達にもサービスしてよ!

高校時代のレイプ映像には何度も何度も硝子に付いて回り、過去からは逃げられない、と硝子は思い知ります。

それは瞬く間に仲間内に広がり、客に股を開くならソープに行け、やブロガーの時から枕で人気を取っていたと陰口を叩かれます。

自分の築いてきた信頼も、自信も、再び地に落ち、あの日の私を消せない、と絶望する硝子。

そんな時、硝子の元に一報が入り、その歳の冬、唯一の親族だった祖母が亡くなりました。

ひっそりとした葬儀の後、祖母自慢の着物も先祖代々の土地だと自慢していた山、家のモノすべてを売りました。

残ったのは身ひとつと少しまとまったお金、そしてその足で上京する為に硝子は電車に乗ったのです。

アイツらを許さない、絶対に復讐する、そう固く誓って。

…それで、その復讐は出来たのかよ、と言う仁は硝子の瞳を見ません。

アナスンの社長の婚約者、それが復讐相手の一人、と話す硝子。

持ち出しも多かったし時間も無駄に罹ったけど…あの女…藍里を地獄に落としたと思うと嬉しくて。

そこまで聞いた仁は煙草の火を消し、硝子に今すぐ復讐をやめろ、と告げます。

え…?徳道さんには関係ないでしょ、と言う硝子。

しかし仁に無駄な事に人生を消費するな、と言われ、思わず硝子は下唇を噛みます。

私…もう帰ります、チェックを、と店員に告げて席を立とうとする硝子。

しかし仁は、金は良い、それよりこれを受け取れ、と言って自分の名刺を渡します。

裏にある手書きの番号が俺の電話番号だ、困ったら連絡しろ、働き口が無いのなら紹介をする、お前を手助けしたい。

そう話す仁の目に曇りは無く、ただ真っすぐに硝子を見つめ、放っておけない、と告げるとい硝子も複雑な表情を浮かべます。

帰宅して、仁の言葉を思い浮かべながら名刺を見つめる硝子。

なんで今になって…早く、次の復讐を始めなきゃ…と、調査報告書を手に取ります。

それは高校時代の同級生、大桃武のものでした。

高校卒業後、スポーツ推薦で大学に進学すると、卒業後に大手企業の営業へ就職した武。

そのルックスで華々しい功績を打ち立て、学生結婚をしており今では社内で有名な育メンかつ愛妻家でした。

キャリアウーマンの妻と可愛い娘、さらには一軒家を購入し順風満帆。

けれどこいつこそが、あの日嫌がる硝子を無理やり犯した男でした。

次はお前が地獄に落ちる番だ、と心の奥を燃やす硝子。

今の武は上司からの覚えも良く、動機や後輩からは周りを引っ張るリーダーとして一目置かれる存在でした。

誰が見ても完璧な男となった武、しかしどこかしらに綻びがある…と硝子は考えます。

そしてそれを見つけ出す為、武の行動範囲や友好関係、趣味を洗い出していく硝子。

その中にひとつ、引っかかるものを見つけ、この模様どこかで…と硝子は考えます。

それは仁に貰った名刺にあったロゴマークと同じ模様でした。

武氏のいきつけのバーは仁の系列店、それに気づいた硝子は早速行動を起こします。

仁に電話をかけ、困ったら連絡しろとおっしゃったので、という硝子。

そんな硝子に、仁はああ、用件はなんだ?と尋ねます。

徳道さんに手助けしてもらいたいんです、と硝子は計画に向けてまた一つ歩みを進めるのでした。

消せない「私」 ~炎上しつづけるデジタルタトゥー~5話感想

折角の再会があんまりよくないですね…。

硝子に幸せになってほしいし、仁もそうである気がするのですが…。

今後の展開から目が離せませんね。

消せない「私」 ~炎上しつづけるデジタルタトゥー~6話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍