漫画最新話ネタバレ

【毎月更新】トンプソン最新話11話ネタバレ!残虐な殺人事件が起こり?

月刊ASUKA1月号(11月24日発売)、トンプソン【第11話】のネタバレ・感想をまとめました。

トンプソンの最新話を無料で読む方法は?

トンプソンの最新話を無料で読む方法はmusic.jpでできます!

今なら30日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、トンプソンの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐmusic.jpに登録して
トンプソンの最新話を読む

前回のあらすじ

東京南支部に配属され、二ホン地区発祥の未確認生物を見つけるために無茶をする人が急増している、ということで調査をすることになったエマとユリヤ。

お目当ては「ツチノコ」でしたが、仕事だと言いながら賞金のために結構ガチで探そうとする二人はお互いに邪魔をしあったりします。

しかしユリヤは賞金なんて興味はなく、本当はツチノコを焼いて食べてみたいと考えていたのでした。

トンプソン【CASE.11・呪いの椅子】ネタバレ

とある日の夜。

パーカーを着たエマの目の前には、上半身のみの男性の遺体が転がっていたのでした。

 

同時刻、トンプソン東京南支部ではニュースを見ならケイとローイが「まだ犯人捕まってないのか」とぼやきます。

ケイが「人間は殺せないから怖いよねぇ、殺したら捕まっちゃうし」と呟いた瞬間、アンリが正当防衛なら大丈夫ちやう? と言いながら部屋に入ってきました。

と、そこでお茶も入ったし一息つこうと提案するローイ。

アンリは部屋を見渡しながら「新入りは?」と聞きました。

次の任務で出かけてるよ、と言うとローイは続けて任務の内容について説明を始めます。

座ると死ぬ呪いの椅子「バズビーズ・チェア」について一週間前に盗難届がでたらしく、場所の目途がついたことにより二人が向かったというのです。

しかしその話を聞いてアンリは「初回任務は監督役がついとかなあかんて言うてなかった?」と口にします。

ところがその監督役の人物はバチカンに行ってしまったようで、副長であるローイは嘆き始めました。

呑気なアンリは調査書を見ながら、上半身だけの死体の殺人事件と呪いの椅子の盗難という二つの事件について見て、新入りであるエマたちのことを少なからず気にかけるのでした。

 

そしてそのころ、エマは警察の手から逃げ回っていました。

建物の屋上へと逃げればそこにはユリヤもいて、エマは足を進めながら言います。

俺だってパニクってんだよ、と。

エマたちがバズビーズ・チェアの調査をしていたところに突然頭上から死体が降ってきたのでした。

ユリヤは冷静に捜査の網は相当分厚いですよ、どうするんですかと聞きます。

一度本部に連絡して迎えに来てもらえばいいんじゃ、と言いかけますがエマたちは監督役不在であるために私服で勝手に調査をしていたことから連絡をしたら面倒なことになるのをエマは分かっていました。

連絡は入れずに犯人を捕まえて無実を証明する、と言うエマにユリヤは犯人の顔見たんですかと質問。

バッチリ見た、と答えるエマにユリヤは言います。

じゃあ先輩は今警察と犯人にも狙われてるんじゃ、とその時。

エマの首めがけて包丁で傷をつけられました。

ギリギリ浅めの傷で済みましたが、建物の中へと逃げ込む犯人を急いで追いかけようとするエマ。

そして屋上まで追い込むことに成功し、エマは犯人の胸倉を掴んで暴れるようなら突き落としてやったっていいんだぞ、と言おうとしました。

しかし犯人は笑っていたのです。

その時、壁伝いに屋上まで登ってきた人物がもう一人いたのでした。

もう一人はエマを切ったときの包丁を持っており、一直線にエマの方へ。

反応しきれず、包丁の切っ先がエマに当たろうとした時、また別の人物が現れて犯人の腕を斬り飛ばしたのでした。

その衝撃で落ちていく一人を追うようにもう一人の犯人も飛び降ります。

エマを助けてくれた人物は犯人たちが残していった包丁を見ながら「殺しちゃえばよかったのに」と言いました。

その人物もまたエージェントであり、「俺が君らの監督役だ」と言います。

それもエマの元相棒であった東京南支部4班、セス・ミカリエスでした。

トンプソン【第11話】感想

今回もまたきな臭い事件のようですね。

初めはエマが殺人犯に!? という感じの始まり方で「ん? これエマかな?」とか思ってしまいましたが、展開に納得です。

というか二人の私服がなかなか面白かったですw

ユリヤはまぁ若者ならではの若干チンピラ風の服だったのですが、エマの服がダサい・・・。

しかしながら絶妙に着こなしている感じもありましたw

バズビーズ・チェア、というものも気になりますが、新キャラも登場しました!

エマの元相棒、ということのようですがなんとなくそんなに仲良くはないんじゃないかなと予想しています(笑)

ちなみにバズビーズ・チェアについて気になったので調べてみたのですが、やはり実在するもののようです。

元々はイギリスで1702年に絞首刑にされた殺人者のトーマス・バズビーという人物が生前前に愛用していた椅子だそうで、その椅子に座った人は短期間のうちに亡くなっている・・・とのことです。

しかもその人数はなんと61人。

今回からはそんなバズビーズ・チェアがどうストーリーに絡んでいくのか楽しみです!

トンプソンの最新話を無料で読む方法はmusic.jpでできます!

今なら30日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、トンプソンの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐmusic.jpに登録して
トンプソンの最新話を読む