血の轍

血の轍2巻ネタバレ!見え隠れする母の愛情、「狂気」とは・・・?

前回は静子が、「しげる」を事故と見せかけて崖から突き落とす所まででした。

唖然としただただそこに立ち尽くす静・・・!

静子の狂気がさらに明らかになっていきます!ネタバレ行ってみましょう!

血の轍の1巻と2巻を無料で読む方法!

今なら、まんが王国で1巻と2巻を無料で読めるキャンペーンを行なっています!

血の轍

他にも常時3000冊以上のの電子書籍で読める漫画が取り揃えてあり、無料キャンペーンや50%オフクーポンがありボーナスポイントも付与されたりと漫画好きには必見のサービスです。

ぜひこの機会にお試ししてみてください↓

血の轍の最新話を無料で読む方法は?

血の轍の最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、血の轍の最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
血の轍の最新話を読む

血の轍2巻のネタバレ

第8話

しげるを突き落とした静子をそっと抱きしめる静ですが、

『静ちゃん。離して。行かなきゃ。』と、突然しげるを探し出しに行くと言うのです。

静子を追いかけながら、静は「ママは今変になってる。おかしくなってる。」と思います。

父に母を託されたこともあり、自分がしっかりしなければと自信を奮い立てます。

静子を追ってしげるの所にまで辿り着くと、「おばさん」が介抱していました。

第9話

虚ろな目をして横たわるしげるですが、

どうやら木がクッション代わりとなって一命を取り留めたようです。

懸命にしげるに話しかけるおばさん。

しげるに声をかけるように促された静は、しげるの名前を呼びます。

すると、しげるは静の声に反応するのです。

静子はしげるに『痛い?かわいそうに。こんなになって・・・』と声をかけるのを見て、

思わず静子を凝視してしまう静・・・。

そうこうしているうちにレスキュー隊が救助に来て、しげるは運ばれていきました。

静子は、ため息をつきながら『助けて・・・。』と呟くのでした。

第10話

緊急搬送でそのまま手術を受けたしげるの経過を聞くため、親戚一同病院で待っています。

医師からは脳の血腫を取り除くための手術を更にしなくてはならないこと、

そして「このまま意識が戻らない可能性」まで示唆されます。

医師によれば、回復したとしても障害が残る可能性が高いとのこと・・・。

病院には警察も来て、事故現場に居合わせた静子と静の事情聴取が始まります。

静子は事件の様子を「ふざけて片足立ちするしげるが、よろけて、駆け寄った時には遅かった」と

淡々と語ります。

第11話

静子による事件の説明が間違いないかを確認された静は、

一瞬無言となりましたが、にっこり優しく微笑む母の顔を見て

『はい、ママの言う通りです。』と言ってしまうのでした・・・。

家に帰宅後も、静はしばらく何も話すことが出来ませんでしたが、

その沈黙を破ったのは『静ちゃん、肉まんとあんまん、どっちがいいん?』と言う静子でした。

あんなことが起こったにも関わらず、静子は相変わらず優しく穏やかな笑みを浮かべています。

第12話

静は悪夢にうなされています。「例の猫」の夢の猫が「しげる」になっています。

どうして死んじゃってるん?と尋ねると、恐ろしい顔をした静子が

「せいちゃん、ままのことゆるしてくれる?」という夢でした・・・。

起きて居間に行くと、父親はもう準備ができていて、しげるの病院に行くといいます。

父親は『無理しなくていい』として、静を置いて静子と2人で出かけますが、

1人きりになると、あれこれ考えて頭がおかしくなってしまいそうです。

そんな時チャイムが鳴りドアを開けると・・・そこには「吹石」が。

第13話

『約束したのに全然電話をくれないから・・・』と家を訪ねてきた吹石。

静は緊張しつつも、吹石を家の中へと入れます。

家族がいとこのお見舞いに行っている話をすると突然黙りこくる静。

『ごめん・・・やっぱり遊べない』と言って塞ぎこむ静を見て、

『これあとで読んで』と手紙を渡して帰ろうとした、その時・・・

『あら?おともだち?』

母親、静子が帰ってきたのです。

第14話

静子によると病院に行く途中、忘れ物をしたから取りに戻ろうとしたら

知らない靴があったから、覗いてみたということです。

『あ、おじゃまだったかしら?』と言う静子に『いえ。』と一言返し、その場を後にする吹石。

吹石が帰った後は『静ちゃん。それ、見せて。』と吹石からの手紙を催促する静子・・・。

手紙を読む静子の様子をじっと無言で見つめることしか出来ない静。

『見たい?』と言われ、一緒に読むとそこには吹石の想いがしたためられていたのでした。

思わず顔を赤らめる静・・・隣に視線を向けると、そこには涙を流す静子が。

『静ちゃん。むり。むり。』

『だめ。受け入れられない。』

『静ちゃん、この手紙、捨てていい?』

それを聞いて静は涙が止まりません。

優しく静を抱きながら『静ちゃん。ごめんね。』と言う静子。

『ママ、どこにも行かないで・・・』と言うと、

『じゃあ静ちゃん、ママの言うこと聞ける?』と言って、手紙を一緒に破り

静に優しく口付けするのでした・・・。

今なら、まんが王国で1巻と2巻を無料で読めるキャンペーンを行なっています!

血の轍

他にも常時3000冊以上のの電子書籍で読める漫画が取り揃えてあり、無料キャンペーンや50%オフクーポンがありボーナスポイントも付与されたりと漫画好きには必見のサービスです。

ぜひこの機会にお試ししてみてください↓

血の轍の最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、血の轍の最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
血の轍の最新話を読む

血の轍2巻の感想

ついに母親として踏み込んではいけない、静のプライベートにも踏み込み

さらにはキスと超えてはならない一線を超えてしまいました・・・!

手紙を破る一部始終を、ただじっと見つめることしか出来ない静の

心の中での葛藤が、口をパクパクさせる表情や嗚咽となって現れていたのが

とてもリアルだったと思います。

穏やかで優しい雰囲気の絵柄だからこそ感じる「狂気」・・・

こうして静はどんどん懐柔されていくのでしょうか。次回も楽しみです。