漫画ネタバレ

ふつつかな悪女ではございますが 9話ネタバレ!~雛宮蝶鼠とりかえ伝~

コミックシーモアで配信中の「ふつつかな悪女ではございますが ~雛宮蝶鼠とりかえ伝~」9話のネタバレです。

【前回のあらすじ】

中元節で完璧な舞を披露した玲琳は、無事に目的である莉莉への侮辱を取り下げる事に成功します。

けれど雅容という白練は居ない、と言う清佳。

驚いたのも束の間、玲琳が苦しんでいる、と慌てた冬雪がやってきて…?

ふつつかな悪女ではございますが ~雛宮蝶鼠とりかえ伝~8話のネタバレはこちら

ふつつかな悪女ではございますが ~雛宮蝶鼠とりかえ伝~9話ネタバレ

玲琳の熱が下がらず意識も朦朧とし幻覚もある上に先ほどまで痙攣も起こしていた、と言う冬雪。

どんな薬もまるで効かず、病がちな玲琳とはいえこのような事は初めて、このままでは、と言うと皇后がそれを諫めます。

女官の長が動揺を露わにするものでない、玲琳はあれで芯の強い女子、こたびも気丈に耐えておろうと言う皇后。

こたびばかりはいつもと様子が違うのだと、必死で訴えかける冬雪。

仮に妄の愛するあの子が今日一日で命を燃やしきってしまうと言うならそれがあの子の天命なのだと皇后は言います。

その冷たい皇后の言葉に、辛そうに下を向く尭明。

ただしあの子がそれに抗い明日までをも生きようとするならあらゆる手助けを惜しんではならぬ、と皇后は告げます。

決して冷たいのではなく、立場を理解し黄家として振る舞う故の冷静さ。

よいか冬雪、取り乱さずかつ全力で臨むのだぞと皇后に言われ、了承する冬雪。

皇后が清佳に良い儀だと賛辞を送り、中座すると言うと、尭明も席を立ちその場を後にしようとします。

そこに、お待ちくださいませ、と割って入る玲琳。

陛下、殿下、お願いでございます、わたくしも黄騎宮に伺わせてくださいませ!と言う玲琳。

なんだと?と玲琳を一瞥する皇后の表情は険しく、慧月への嫌悪に満ち溢れていました。

看病の心得があるから、かの方の病状をきっと癒せると思うと言う玲琳。

皇后は薬師を上回る腕前だとでも言うのか、と言います。

そしてそんな不遜を吐いてよいのは妄の知る限り、玲琳本人だけだ、と。

必死で頼み込もうとする玲琳に弁えろ、と言う尭明。

無罪になったとはいえ玲琳に害意を抱いていたことは周知の事実、何故そんな女を瀕死の玲琳に近づけると思う!と。

けれど尭明はその心の中で、今のこの状況を天罰だと感じていました。

心の内に入れたのは玲琳だけ、その最愛を不審に思いわずかでも他の女に目を奪われたりなどしたから。

そして玲琳に、お前は決して黄騎宮に近づくな、玲琳は病魔からも害意からも俺たちで守ると尭明は言います。

害意など抱いていない、わたくしのなにに賭けたって良い、どうか信じてくださいませ、と言う玲琳。

けれどその必死さは、何故玲琳の命にそこまで慧月が躍起になるのか?と言う風にしか映りません。

日頃あれほど玲琳の事を妬み始終疎まし気な視線を送っていたくせに、と尭明に言われ、そうなのですか!?と今気づく玲琳。

けれど慌てて、始終見つめてました、今思い出しました、でもそれは害意があったからではない、と言います。

そして顔を真っ赤にしながら、彼女の事が好きだったから…と言う玲琳にみんながぽかんとしています。

玲琳はさらに、では舞の褒賞で看病をさせてくれと頼み込みますが、その様に尭明はくどいと激昂します。

玲琳は悔しさにぎゅっと唇を噛みしめながら、彼女を追い詰めてしまった私だからこそ救わねば、と返します。

その様子を見て、よかろう、御前に機会をやろうと言う皇后。

玲琳は喜びますが、黄騎宮の誰も玲琳を信用していないのは事実なので看病ではなく信用を得る機会を与えると言われます。

皇后は辰宇に破魔の弓を持ってくるように命じます。

その弦音で病魔を怯えさせ、的を射る音によって病魔を祓う、そう言われる破魔の弓を一晩引けと言う皇后。

玲琳の回復を祈りながら一晩中弓を引けたならお前に害意が無い事を認め、看病を許すとのこと。

辰宇はそれを聞き、破魔の弓は男でも引くのに難儀するほど、さらに言えば玄家が管理してきた水の気の強い神器である事。

それらの条件から、火のかごのある朱家の雛女が扱うには向かない、と進言します。

だからこそだ、誠意を図るための行為が容易でいいはずがあるまい、と言い切る皇后。

一晩掛けていては看病の機を失うのではないかとも言いますが、それが天命と皇后は返します。

これ以上の意義は越権だぞ、鷲官長よ、と言われ黙るしかない辰宇。

皇后は可愛い玲琳を分不相応にも妬み罵った事、無論妄とて許してはおらぬ、と言います。

己を売り込む前にまずは地に額づいて詫びる事だ、と言ってその場を立ち去る尭明と皇后。

辰宇はこれは要は大人しくしていろと言うことだ、と何もしない方向にもっていこうとしますが、玲琳は笑っています。

弓を一晩中…ふふ、たしかになんとやりがいのある挑戦でございましょう!さすがは皇后陛下でございます!

そういって目を輝かせやる気を見せる玲琳に莉莉と辰宇は何を言ってるのかよくわからないと理解が追い付きません。

過酷は承知、それでも徹夜弓をやると玲琳は決意するのでした。

雛女様、水を持ってきました、食器は下げます…と莉莉が言うと、そこには膳に乗ったままの夕食が。

なにしてるんですか!?さっき今度こそは食事を取ると言ったではないですか!と怒る莉莉。

もう随分と長い間、玲琳は食事もとらず破魔の弓を引き続けており、それが莉々は心配だったのです。

それも胡旋舞を披露し、急いで蔵に戻って、誠意が届いたらかの方に飲ませてくれと薬草を煎じ黄騎宮にまで届けて。

監視の為に順番に射場に訪れた黄家の女官達も目を瞑り、やがて黙り込み、最期には根負けしたようにその場を去りました。

少なくともさっきの黄家の女官達には雛女様の本気が伝わったんじゃないですか、と言う莉莉。

償いとは言わずとも謝罪の一つにはなっていると思う、もういいんじゃないか、と言います。

すると、その通りだな、と言って後ろから現れた辰宇に何故ここに!と驚く莉莉。

そこの無茶な雛女を諭しに来たに決まっているだろう、見かねた女官や宦官から連絡があったと答えます。

贖罪を見せつけるための弓ならばもう十分に見たと聞いたという辰宇。

けれど文昂は連絡があったというより何度も射場に盗み見しにいった辰宇が周囲にそれを言わせた方が正解だと言います。

看病に集中したいから監視の人手も取れないのでこれ以上の弓引きは無用と黄騎宮から言質も取ったと辰宇は言います。

だから弓を引かなくていいのだ、と。

ではわたくしの薬を飲んでいただけたので?と玲琳が尋ねると、玲琳が目覚めない為薬が飲めないと言います。

そうですか、ならばまた弓を引かなくてはなりませんね、と言う玲琳。

いい加減にしないか、誠意は伝わったと言う辰宇に、確かに誠意を伝えるために弓を引いたと玲琳は返します。

ではなぜ誠意を伝えるのか、その点においてはかの方を助けるため、助けられては意味が無いと言う玲琳。

呆れかえり、困り果てる辰宇と莉莉、けれど玲琳の右手に辰宇が気づきます。

見せてみろと言っても見せたがらない玲琳の手をぐっと辰宇が掴むと、いつの間にか血にまみれた掌。

莉莉は顔を真っ青にして、あんた何やってんの!?手ぼろぼろじゃないか!と慌てます。

神器に血が付かない様に細心の注意はしたと言う玲琳にそういうこと言ってんじゃないと怒る莉莉。

辰宇もこんな無茶をする女がどこにいる、弓は取り上げるぞ、と言いますが玲琳は嫌がります。

なぜ止めるのです鷲官長様、わたくし悪女なのでしょう!?と言う玲琳。

そんな女が少し擦り傷をこさえただけで大騒ぎなのはおかしなことに思いますわ、と言い放ち辰宇も言い返せません。

そこに玲琳の熱が下がったのでもうすぐ意識も取り戻しそう、と言う黄騎宮からの知らせが入ります。

すぐに殿下に知らせなくては、一国の皇太子が病忌に触れてはならぬと本宮に戻されている。

今頃やきもきしながら待っておられるだろう…と尭明の想いを慮る辰宇。

後で薬師をこちらにも手配する、必ず手当を受けるように、と玲琳に伝え、辰宇はその場を去ろうとします。

けれど玲琳の様子を見て俺が次に戻ってきたときには必ず弓を終えろ、と忠告します。

表情は平静を装っていても異常な量の汗がお前の限界を訴えている、と。

まあお優しい鷲官長様、わたくしを心配してくださるのですか、と玲琳が言うと、そうだと言ったら従うのかと言う辰宇。

まっすぐに玲琳を見るその目を見て、玲琳も本当に一晩引くのは諦めたと言うような表情を浮かべます。

莉莉に何かあれば即座に鷲官所に連絡を寄越せ、と言づけて辰宇は莉莉にその場を託します。

辰宇が去るなり弓を引こうとする玲琳に、せめて手当を受けてからにしなよと止める莉莉。

黄玲琳様は回復し始めてるんだしもういいだろと莉莉は言いますが、玲琳はやめようとしません。

莉莉、わたくし存外…というかかなりこの状況を堪能しておりますの、と言う玲琳。

黄家とは大地を拓く土の気の強い一族、土は水に打ち克つ物。

だから水の気が強い神器である事など、玲琳には何の問題も無いのです。

手は痺れるけれど徐々に精度が上がり、弓が少しずつ寄り添ってくれているのを感じる。

それが嬉しいと言うのはおかしなことだろうか、と玲琳は考えていました。

そして玲琳は慧月に心の中でそっと謝罪を唱えます。

七夕で最初に願ったことは健康になりたいと言うより、楽になりたいだったと。

人に心配を掛けてはいないかと気を遣う日々に疲れ、朝には死んでいるかもと何度も考えた。

恐怖も痛みも繰り返せば慣れるのではない、本当はすっかり疲弊しきってしまって居た。

病の時こそ鍛錬に打ち込んだのも心を空っぽにする為…でもあの日のほうき星が、慧月が健康な体をくれた。

今は凄く体力がある、心をせわしなく動かす素晴らしい力が。

だからみっともなく足掻いて無茶をして貴方を救わせてくださいませ!

その強い気持ちで祈って引いた玲琳の弓は、見事的の中心を射ぬき、同じ頃黄騎宮の慧月も無事に目を覚まします。

黄騎宮から湧き上がる歓声を聞いた玲琳は、慧月の回復を察し、よかった…本当に良かった!と感激します。

そして莉莉に、鷲官所でかの方が目覚めたのか確認して来てほしいと言う玲琳。

莉莉は了承しますが、玲琳の表情を見て青ざめます、あんた…紙みたいに真っ白な顔色してません?と。

しまった、急に気を緩めたからと思っても時すでに遅し。

玲琳は、莉莉が心配そうに声を上げる中、その場に倒れてしまったのでした。

ふつつかな悪女ではございますが ~雛宮蝶鼠とりかえ伝~9話感想

頑張りすぎただけだとは思いますけど大丈夫ですかね~玲琳。

慧月も目覚めてよかったです、きっと玲琳にとっては本当に感謝の気持ちで救おうとしただけなんですよね。

この気持ちが慧月にも届けばいいのですが…続きが早く見たいですね…!

ふつつかな悪女ではございますが ~雛宮蝶鼠とりかえ伝~10話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍