漫画ネタバレ

年下カレとの恋は盲目13話ネタバレ!晴真にドタキャンフラグ!?

めちゃコミックで配信中の「年下カレとの恋は盲目」13話のネタバレです。

【前回のあらすじ】

友人・加奈子に晴真への想いを話した加奈子。

しかし年齢差などの問題から、冷静な指摘を受けてしまいます。

再び自分の将来に対して迷いが生まれた加奈子は…?

年下カレとの恋は盲目12話ネタバレはこちら!

年下カレとの恋は盲目13話ネタバレ

数日後、かおりに言われた言葉がずっと離れないままの加奈子。

こんな不安な気持ちで晴真に明日気持ちを伝えて良いのかと、躊躇っていました。

加奈子にとって好きな気持ちは変わりません、だけど改めて人に言われると、それは胸にグサッと刺さってしまうのです。

冷静に考えて見れば12歳の年の差に対して、かおりの反応は普通とも言えましたし、逆の立場なら加奈子だって驚きます。

そんな時、廊下を歩いていると倉庫作業に向かう晴真が前からやってきます。

仕事中だし邪魔はしないように、とお疲れ様ですの会釈だけして通り過ぎる加奈子をじっと見つめる晴真。

加奈子は考えれば考える程大きくなる不安を、なるべく悟られないように普通にしなきゃいけない、そんな気持ちでした。

カシャン、と晴真がボールペンを落とし、早乙女君ボールペン落ちた、と拾ってやる加奈子。

晴真はペンに手を伸ばした加奈子の手に自分の手を重ねます。

明日、二人で会えるの凄く楽しみです、と耳元で囁くと、引っかかっちゃいましたね、ボールペン有難うございましたと笑う晴真。

あれ?早乙女君?どうしたーと上司に呼ばれた晴真は、すみません、ボールペン落としちゃってと答えます。

今の…何!?わざと!?と顔を赤くしながら、上司の元へ行く晴真の後ろ姿を見つめたままの加奈子。

あんなに不安な気持ちでいっぱいだったのに、不安だった気持ちが一瞬で溶けて行ってしまいました。

自分の気持ちを伝えた時、晴真はどんな顔をするだろう、と考える加奈子。

晴真もまた、加奈子との予定を書いたスケジュールを眺めてはニヤケてしまい、何ニヤケてんの?と友達にいじられます。

慌てて携帯を隠した晴真に、あー!隠した!なになに、彼女でもできちゃった系?と騒ぐ一ノ瀬悠太。

隣の篠原慧は嘘でしょ!?晴真に限ってそんな事!!ぬけがけ!と叫び、若松夜はお前らうるさい、と慧の足を蹴ります。

慧と悠太に嘘だろと囲まれながら、で?何?彼女出来たの?誰?と言う夜に、違うってば~と否定する晴真。

ただ…あと少しで手が届きそうってだけだよ、と笑う晴真。

その言葉の意味を慧と悠太は理解していませんが、夜は察したようで、幸せそうな晴真の写真を撮って居ます。

なるほどね、届きそう、なんだと夜が言うと、慧と悠太は何?どゆこと?と尋ねます。

子供達は気にするな、ほらこれでジュースでも買って来い、と二人をその場から退散させた夜。

じっと自分を見つめて来る夜に、晴真はな、なに?と尋ねますが、夜は多少微笑みながら、いや?としか返しません。

晴真のそんな顔見たの初めてだから珍しくってさ、と言われ、どきっとする晴真。

だから忠告、あんまり突っ走り過ぎるなよ、と言う夜の言葉に、晴真は何?突っ走るって、と尋ねます。

そのままの意味さ、晴真はいつも温厚で優しくて気も使える、だけど自分が思ってるより自己中だぞ?

夜にそう言われ、思い当たる部分があった晴真は思わずドキッとしてしまいます。

無意識のうちに我慢してるから大事な時にそれが一気に溢れて行動に出やすい、欲しければ欲しいもの程その行動は仇になる。

だから十分気を付けるんだな、と言われ、晴真はお前の見透かした感じ昔から苦手だ、と言います。

お褒めに預かり光栄だよ、10年近くの付き合いだからね、と笑う夜。

でもありがとう、一応気を付ける、と言う晴真に夜は可愛い奴め~!と抱き着き、離れてよキモいと言う晴真。

そんな大騒ぎの中、悠太たちが戻ってきます。

それより聞いてよ、今日ゼミ無しだって、と言う慧に何で?と返す夜。

なんでも先生の友達と卒業生呼んで飲み会、今日の夕方から強制参加だってーと言う言葉に硬直する晴真。

そう、今日は加奈子との約束の日、必死に約束有る!と返しますが、今日のパスは駄目だって!と周りに止められます。

晴真は困った顔で、携帯を見つめるのでした。

年下カレとの恋は盲目13話感想

あらら~学校関係の用事となれば仕方ないですけど…加奈子的にタイミングがなあ…。

不安定な時ですし、あんまりよろしくはなさそうですよね。

次回も楽しみです!

年下カレとの恋は盲目14話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍