漫画ネタバレ

年下カレとの恋は盲目16話ネタバレ!亮介の告白に戸惑う加奈子…

めちゃコミックで配信中の「年下カレとの恋は盲目」16話のネタバレです。

【前回のあらすじ】

亮介との飲み会で、晴真の飲み会を見てしまった加奈子。

晴真に結婚願望が無いと聞き、絶句してしまいます。

しかしそんな加奈子を引っ張り出した亮介は、加奈子に想いを告げて…?

年下カレとの恋は盲目15話ネタバレはこちら!

年下カレとの恋は盲目16話ネタバレ

多田…?と言う加奈子にハッとして、悪い…と加奈子の手を慌てて離す亮介に、加奈子はううん、大丈夫と答えます。

しかししばしの沈黙の後、勢い余って告白した自分に対し、亮介は思い切り後悔してしまいます。

流石に夏目でも気づいただろうな…と思っていると、多田…もしかして酔ってる?と言う加奈子。

…は?なんで?と言う亮介に加奈子は、多田が私の事好きだなんて信じられないっていうか…と答えます。

いつも私の事お一人様っていうし、冗談なのかなって…という言葉に、思わずピクッとする亮介。

信じられない…か、そりゃそうだよな、お前の事お一人様呼ばわりしてたやつの言葉何か今更信じられる訳ないよな。

そう話す亮介に、加奈子はそういう意味じゃないよ、私が落ち込んでたからフォローしてくれたんでしょ?と言います。

そうじゃなくて!俺は俺なりにアピールしてるつもりだった、と言う亮介。

でもそれは自己満足で、結果的に加奈子を傷つけていただけだと反省している、と伝えます。

普段言われない言葉に、どうしたの急に…と困惑する加奈子。

お前が早乙女の事好きなのは知ってる、でも俺はあいつなんかよりずっと前からお前の事…。

そこまで言って亮介は、こんな回りくどい事を言いたいんじゃなく、もっとまっすぐ気持ちを伝えなきゃダメと気づきます。

俺の気持ち、俺は変わらなきゃダメなんだ、と静かに覚悟を決める亮介に、加奈子は多田…?と声を掛けます。

夏目、好きだ、お前の事ずっと前から、酔ってなんかない、冗談でもない、俺は今他の誰でもない夏目に告白してる。

お前が本気で好きなんだ、と手を取って告げられた加奈子。

ありがとう…でも今すぐに返事は出来ない、ちょっと混乱してて、落ち着いて考えてから返事させてほしい、ごめんね…。

その言葉に亮介はぐっと我慢し、いや、俺も悪かったと加奈子の手を離します。

寧ろ考えてくれるのは嬉しいしいくらだって待つ、だから返事はお前の気持ちが纏まってからでもいい、と言う亮介。

でもお前の事見てんのは早乙女だけじゃない、それだけは忘れんなよ。

そう告げられて三日目、加奈子はあの日の情報量多すぎじゃない?と頭を抱えていました。

晴真のドタキャン、結婚願望無い発言、さらにそこに亮介の告白のラッシュは加奈子のキャパを越えていたのです。

だって多田だよ?あの告白が一番困惑の元なんだけど?と過去を思い出し、改めて悩む加奈子。

しかし亮介のあの言葉が本気である事は、長い間一緒に居た加奈子にはきちんと伝わっていました。

けれど自分は晴真が好き、しかしあの時何故亮介に告白されてすぐに断れなかったのか。

気持ちははっきりしていたはずなのに、と加奈子は悩みます。

…?…夏目さん?と何度か声を掛けられ、はい!?と慌てる加奈子。

すみません、書類まとめ終わったので報告を…って大丈夫ですか?と晴真は加奈子の様子を見て心配します。

大丈夫だよ、と答えながら、自分の気持ちを整理しないと何も考えられないことは解ってる、と悩む加奈子。

明らかな異変を感じた晴真は夏目さんこの後…と声をかけますが、そこに亮介が現れ加奈子に声を掛けます。

たっ、多田…!?なんで!?と明らかに狼狽する加奈子に、いや週末の社員旅行の話なんだけど…と言う亮介。

その二人の様子を見て、晴真は違和感を覚えます。

しかし加奈子は晴真の様子に気付くはずもなく、亮介が思っていたより普通な様子である事に驚いていました。

そうだよね、多田もいつも通りなら私もそうしなきゃ。

そう思った加奈子は社員旅行の幹事である亮介と旅行について話し合うのでした。

年下カレとの恋は盲目16話感想

社員旅行…?

あら?お手伝いの晴真はどうなるんでしょうか…!?

ずっと亮介のターンかもしれませんよね…次回も見逃せません!

年下カレとの恋は盲目17話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍