漫画ネタバレ

年下カレとの恋は盲目17話ネタバレ!晴真の手を離した加奈子は…

めちゃコミックで配信中の「年下カレとの恋は盲目」17話のネタバレです。

【前回のあらすじ】

亮介の告白を考えさせてほしいと保留にした加奈子。

しかし、晴真が好きなのに何故保留にしたのかと悩んでいました。

そんな中、社員旅行の時期になって…?

年下カレとの恋は盲目16話ネタバレはこちら!

年下カレとの恋は盲目17話ネタバレ

幹事同士の会話を聞きながら、俺が話そうとしたのに…とムスッとする晴真を他所に、加奈子の髪形について尋ねる亮介。

これ?寝坊しちゃってさ、寝癖も付いてたから結んじゃったの!と、加奈子はいつもと違うヘアスタイルの理由を話します。

良い年して寝癖なんて恥ずかしいよね、と笑う加奈子。

…いや、い、いいんじゃねえの?か、か、可愛いじゃん…?と拙くも本音を告げる亮介。

まさかの回答に晴真は驚き、加奈子はえ…?今、なんて…?と返すと、じわじわと二人は照れ始めます。

照れた二人は、先に加奈子がありがとう!次の資料の会議!あれ持ってかなきゃだからもう行くね!と切りだします。

それに賛同するかのように、おー!?そうだよな!いってら!と返す亮介。

明らかに違う様子の二人を見た晴真は思わず席を立ち、何!?今の!?と動揺してしまいます。

あの多田が可愛いって言った…!?誰!?と焦って会議室に逃げた加奈子を、夏目さん、と呼ぶ晴真。

え!?早乙女君!?どうしてここに、と加奈子が驚くと、資料…忘れてたので、と言って晴真は資料を渡します。

しかし、ありがとうと言ってその資料を受け取ってもそこから動かない晴真。

戻って行かない晴真に違和感を覚えつつ、加奈子は先週の事もあるので二人きりになりたくない、と思っていました。

…あとやっておくから、早乙女君帰って大丈夫だよ、と言う加奈子に夏目さん、と声をかける晴真。

先週は急に約束破ってしまって本当にごめんなさい、と晴真は頭を下げ、もう一度時間撮ってもらえませんか?と尋ねます。

その誘いに、どうしよう、自分の整理がついてない中で早乙女君と二人で会うのは駄目な気がする、と悩む加奈子。

それ以上に、あの飲み会で偶然聞いてしまった言葉が、加奈子の胸に刺さったままでした。

ううん、私の為に今しかない学生の時間、無駄にさせる事なんてできないよ。

そんな加奈子の言葉に、どういう意味ですか、それ、と晴真は返します。

あの日偶然同じ居酒屋に居て、聞いちゃったの、早乙女君の口から結婚願望は無いってはっきりと。

その言葉にドキッとした晴真は、あの場だったからそういっただけで本当は、と反論しようとします。

その場しのぎだったとしても!あの言葉はまぎれもなく君から出た言葉だよ!と言われ、凍り付く晴真。

自分勝手な事言ってるのは解ってる、でもどうしても歳の差が引っかかるの。

私も良い年だしお付き合いする人とは結婚も考えたい、価値観が違うまま付き合うなんて今の私にはリスクしかない。

そこまで聞いて、加奈子に伸ばそうとした手を下してしまう晴真。

自分の事ばかりでごめんね…早乙女君と居ると歳の差なんて感じないほど楽しくて一緒だと幸せだったから。

だけど、もう少しちゃんと考えたいの、と言う加奈子の言葉に晴真は絶句します。

絞り出すように…わかりました、と答える晴真。

でも忘れないでください、あの日言ったでしょう?誰にも負けないくらい貴女が好きだって。

考える時間はいくらでもあげます、だけどどんなに夏目さんが俺の事突き放したって俺から離れる事絶対にない。

この先一生それは変わらないです、と加奈子の手を握りしめる晴真。

俺が納得できるまでこの手を離す気ありませんから、と宣言された加奈子は、うん、ありがとうと答えます。

じゃあ私、もう戻るから、と手を離す加奈子の態度に立ち尽くしてしまう晴真。

大学、頑張ってね、と加奈子は言い残し、その場を後にします。

加奈子だってまっすぐな晴真の想いが痛いほど伝わるのは解っていました、けれどそんなに簡単ではなかったのです。

年下カレとの恋は盲目17話感想

つ、辛い…まだ振られてないけど振られたくらいしんどいですね…。

言い訳を飲み込んだ早乙女も大人だと思いますが、加奈子には言うべきだったかもですね…。

二人のこれからが平穏であるといいなと思います…!

年下カレとの恋は盲目18話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍