漫画ネタバレ

年下カレとの恋は盲目20話ネタバレ!亮介に助けられた加奈子は…

めちゃコミックで配信中の「年下カレとの恋は盲目」20話のネタバレです。

【前回のあらすじ】

社員旅行に訪れた加奈子たち。

しかし晴真に嫉妬してしまったり、気持ちは定まらずで加奈子は悩んでいました。

そんな時文子に、早乙女君ですか?と尋ねられ…?

年下カレとの恋は盲目19話ネタバレはこちら!

年下カレとの恋は盲目20話ネタバレ

引っかかってるのってやっぱ歳の差なんですか?と言う文子にうん、と正直に答える加奈子。

12歳も離れている上に大学生、結婚や周りの目などが気になって踏み出せないと加奈子は話します。

なるほど、しかも女性の方が年上だと難しいですよね、昔よりは増えてても少数派ですし…と返す文子。

歳の差は一生ついてきますからね、と言う言葉に加奈子は黙ってしまいます。

高峰さんは旦那さんとの事悩んだりしなかった?と言う加奈子。

私ですか?正直めちゃくちゃ揉めましたね、と文子は答えます。

付き合いたての頃は文子が22歳、相手が37歳で、友達や親に猛反対されました。

加奈子が若いからとか、もっと旦那と年が近ければとか、文子自身も悩んだと言います。

けれど旦那は呑気で、年の差なんてどうでもよくね?と言い出す始末で、とても喧嘩した、と話す文子。

けれど、どんなに周りに反対されても、文子自身は旦那と離れる事を考えられなかったのです。

価値観や仕事は歳が近いからこそ解る事も多い、でも年が離れても好きな気持ちは変えられません。

自分の人生だから周りの声より旦那を大切にしたかった、あの人を選んで後悔した事はありません、と言う文子。

結婚は一緒に居たいって気持ちが一番大事ですから、と言われた加奈子は、その言葉が胸に残ります。

年下のイケメンなら喧嘩した時可愛くて許せそう、と言う文子に加奈子は笑いながらそういうものなの?と返します。

そんな中、準備を始める、と呼び出された文子は今行くね、と答え文子に話を聞いてくれてありがとうと伝えます。

文子は良く解らないまま、いいえーと答え、いってらっしゃいと加奈子を送り出しました。

そして宴会の時間を迎え、幹事業に追われた後ようやくゆっくりできると席に着いた加奈子に声をかける杉下部長。

杉下部長は、酔うと加奈子に息子との交際を勧める癖がありました。

思わず逃げたい、と思う加奈子でしたが、例年に漏れず息子を勧められ、もう逃げられないと覚悟します

一方、晴真も純一に声をかけられ過ごしていると、純一と共に杉下に捕まる加奈子に気付きます。

また捕まってる、あの人昨年も縁談の話してたんだよね、夏目さんの事気に入ってるから仕方ないかという純一。

大久保さん、何とかできないんですか?と言う晴真。

しかし純一は、助けに行きたいが酔っているときに口を挟むと怖いから苦手なんだと純一は答えます。

その言葉に、思わず助けに行こうとした動きを止める晴真。

加奈子が逃げられない、と諦めかけて居た時、あ!いたいた!杉下部長探しましたよ!と亮介が割り込みます。

なんだね多田君、せっかく二人で話してたのに、とムッとする杉下に、まあまあ!と言う亮介。

部長それより飲みました?ここの地酒、とポケットからワンカップを出すと、杉下は一瞬でそちらに興味を示します。

すっかり話題が酒に切り替わった時、亮介は加奈子に部長は地酒の話をしたらとまらないんだ、と伝えます。

後は俺が何とかするから今の内逃げとけ、と言われ、ありがとう…と告げる加奈子。

亮介はいいよ別に、杉下に酒の話をさらに深めていくと、加奈子はお手洗いに行くと言ってその場を離れます。

わはー、営業カッケー、あれは多田にしかできない助け方だなあ、と言う、一部始終を見ていた純一。

晴真は黙ってしまい、純一はん?早乙女くんどうした?と異変に気付きません。

酒には弱い晴真ですが、純一が持っていた酒を飲み干します。

その頃、お手洗いから出て来た加奈子は亮介にあとでちゃんとお礼を言おう、と思っていました。

しかしその先に見える人影に気付き、あれってもしかして…と思う加奈子。

あ、夏目さん!いたぁ~!探しました~!と上機嫌の晴真が訪れ、思わず加奈子は誰!?と驚きます。

どうしたのこんなとこで…ふらふらじゃない、部屋帰るの?と尋ねる加奈子。

しかしすっかり酔った状態の晴真は、ん~?としか返せないのでした。

年下カレとの恋は盲目20話感想

弱いのにやけ酒するから…。

酒の力を借りないといけなかったという所でしょうか?

次回が楽しみですね!

年下カレとの恋は盲目21話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍