漫画ネタバレ

年下カレとの恋は盲目9話ネタバレ!晴真の想いに打たれた加奈子…

めちゃコミックで配信中の「年下カレとの恋は盲目」9話のネタバレです。

【前回のあらすじ】

ついに迎えた、晴真と加奈子の浅草デート。

二人とも楽しみで、1時間も早く待ち合わせに来てしまいます。

互いに着物に着替え、満喫しているかのように見えた加奈子ですが…?

年下カレとの恋は盲目8話ネタバレはこちら!

年下カレとの恋は盲目9話ネタバレ

うわ~!!またやっちゃった、33歳が出店見てはしゃぐとか流石にイタすぎる!!と絶句する加奈子。

しかしそんな中で、周りの人が晴真を恰好いいと噂している声が耳に入ります。

それどころか女の子達からの視線も凄く感じてしまい、謎のプレッシャーすら覚える加奈子。

改めて見ると、早乙女君って本当にかっこいいな、30代の私から見てもこんなにかっこいいんだもん。

そりゃ年代関係なく見られるよね、と納得します。

しかし、そんな格好いい人の隣を自分が歩いていいのか、と悩んでしまう加奈子。

初っ端から迷惑をかけたのに呑気に大人気なくはしゃぐ自分を、本心では晴真も一緒に居るのが恥ずかしいんじゃないか。

年だって12歳も離れている…自分がもっと若ければこんな気持ちにならなかったのに。

歳を考えると素直に笑えず、自分のようなおばさんより、晴真にはもっとふさわしい人がいる、と考える加奈子。

やはり自分達は歳が離れすぎている、と立ち止まった加奈子に、晴真はどうしました?と声を掛けます。

私ったらまた…楽しくしてたのに台無し…と慌てて表情を作り、いろんなお店があって舞い上がったと言う加奈子。

しかし加奈子の空元気を、晴真はじっと見つめ、うそ、隠しても無駄ですよ?と言います。

…ごめんね、折角楽しくしてたのに…なんか早乙女君は改めてかっこいいなって思ったら私は隣にふさわしくない気がして…。

そして加奈子はついに、ずっと思っていた、12歳も年が離れてるんだと言う事を言ってしまいます。

こんな事を言っても何も変わらない、解っていても加奈子には歳の壁が大きすぎたのです。

…歳の差なんかなくたって変わりませんよ?と返され、え…?という加奈子。

もし夏目さんが12歳遅れて生まれて、俺と同い年になったとしても俺は変わらず夏目さんの事好きになってたと思うから。

そう言って晴真は、それならば過去も現在も未来も、出会った歳なんて関係ないですよ、と言い切ります。

身体に馴染むように、言葉が入っていくのを感じる加奈子。

そういう事なんで、デート仕切り直しませんか?と笑顔で晴真は手を差し伸べます。

晴真の自分を想う気持ちが変わらないのなら、自分は晴真を信じて一緒に隣を歩いてみよう。

そう覚悟した加奈子は、晴真の手を取り、うん、と答えます。

それからの二人のデートは、おみくじを引いたり、買い食いをしたり、写真を撮ったり非常に楽しいものでした。

自宅に帰り、風呂から上がると疲れたけどめちゃめちゃ楽しかった!と実感する加奈子、欲しいものも買えてご機嫌です。

晴真からの連絡が入り、アルバムに私も写真追加しなきゃ、と今日のデータを眺める加奈子。

今日一日本当に楽しかった、写真も撮ったし美味しいものもたくさん食べれたし、と楽しい気持ちを思い返します。

自分ばっかり楽しかったのかなと心配でしたが、晴真も楽しんでいたみたいでよかった、と安心もしていました。

冷静でポーカーフェイスで、何を考えて居るか今まであまりよく解らなかった晴真。

けれど写真の中ではとても笑顔で、加奈子はこんなに笑うんだと嬉しくなります。

それどころか、無邪気な子供みたいで可愛いと保存してしまう程でした。

笑顔は子供っぽいのに、加奈子を不安にさせないように強くつないでくれた手は、男の人のものでした。

あんなに悩んでいた歳の差を忘れるほどに楽しく、もっと一緒に居たい気持ちも大きくなります。

何より、同い年だとしても変わらず好きになったと、あの時言ってくれた言葉は本当に嬉しく感じました。

自分の中にあった引っかかりが消えるような思い、その正体に加奈子は遂に気付きます。

もうとっくに早乙女君の事好きだったんだ、と。

年下カレとの恋は盲目9話感想

よかったー!!!前途多難そうな問題というか亮介の件がまだありますが…。

晴真ルートで頑張ってほしいです…!

次回も楽しみですね!

年下カレとの恋は盲目10話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍