漫画ネタバレ

滔々と紅1話ネタバレ!9歳で売られた少女は人気花魁になれるのか?!

2020年11月27日発売のまんがグリム童話2021年1月号掲載の「滔々と紅」についてネタバレをまとめました。

ネタバレもいいけど漫画は絵で読んだ方が
100倍面白い!

\全巻無料でお試し読みはこちら/
今なら600円分無料ポイントGET!

U-NEXTで無料で漫画を読む

滔々と紅の最新話を無料で読む方法は?

滔々と紅の最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、滔々と紅の最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料
今すぐU-NEXTに登録して
滔々と紅の最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

滔々と紅1話ネタバレ

とある8月、女衒を職業とする伊佐治はある村に向かっていました。

その村は飢餓によりほぼ全面している様子で道中、死体が何体か転がっていました。

伊佐治はなぜか死体の指を小刀で切り取り自分の懐に入れます。

そして目的の家に着き表の戸を叩きますが人の気配がないようでした。

誰も居ないのか確認するため戸を開けると、一人の少女が囲炉裏の前に座っていました。

その少女こそが伊佐治がこの村に来た目的でした。

駒乃というその少女は伊佐治の姿を見るや否や「お前女衒じゃろ。女衒は人間のクズじゃとおっ父がいっておった」と伊佐治を睨みつけます。

すると部屋の奥から赤ん坊を抱いた駒乃の母が出てきて、駒乃を早く江戸へ連れて行くように伊佐治に言います。

お金も食べ物もない駒乃の家は身代金と口減らしの為に、駒乃を江戸へ売る決意をしていました。

駒乃の母は駒乃が江戸まで歩けるようにと、自分より駒乃にばかり食べ物を与えていたようで頬もコケていました。

そして、母は奉公の請状に血判を押し、身代金八両二分を受け取ります。

母と駒乃は、お互いに決別を実感し悲しみながら別れます。

別れにいじけている様子の駒乃に伊佐治は「お前の父ちゃんが言うとり女衒はクズだが生き残った者が勝ちだ。生き残ればまた母ちゃんに会えるかもしれない」と言います。

駒乃は強がりながら「女衒のいうことは信じない」と言い返します。

しかしそんな事を思っている駒乃も自分の身代金で母と弟が助かる事を願うのでした。

旅の途中、物乞いなどにも遭ったが最初の目的地の笹川宿へ着きました。

伊佐治はそこで仲間の伝七という男と落ち合う予定でした。

伝七は12歳と11歳の娘を連れてきており、駒乃はその二人を見て自分と同じ境遇の人がいる事に少し安心しました。

伝七は伊佐治に急ぐように二人の請状を引き継ぎます。

伊佐治は忙しない様子の伝七を見て疑問に思いますが、伝七は「もう一人身売りの娘を迎えに行く」と言い笹川宿を出ていきます。

駒乃はさっそく伝七が連れてきた鈴と里という娘たちと打ち解け、同じ気持ちを共有できた事に安堵の涙を流しました。

伊佐治はずっと旅が続いてお腹が減っている3人の娘たちに食べ物を与えますが、里は食欲がないのか一人だけ食べませんでした。

その夜、里の様子がおかしい事に気づき、駒乃が伊佐治に里の体調がおかしい事を伝えます。

どうやら伝七は病を患っている里を伊佐治に擦り付ける為に、伝七が居なくなるまで病の事を黙っているように口封じをしていたのです。

伊佐治は夜通し看病しましたが、里の命は朝までもちませんでした。

里の遺体を近くの寺へ持っていき、伊佐治は鈴と駒乃を連れて笹川宿を後にしました。

駒乃は次は自分が里のようになる気がして、伊佐治に里の事を聞くことができないまま次の目的地の古川宿に着きました。

古川宿で駒乃たちは他の客に「どこへ行くんだ?」と尋ねられます。

その客は二人の顔色が暗いことに気づき、すぐに吉原に売られる事を察しました。

そして「吉原は地獄」という話をして不安にさせてくる客に腹が立った駒乃は、大声で「怖くねぇ!」と言い返します。

駒乃は強がり、涙を流しました。

その様子に気づいた鈴は慰める為に、飴を駒乃に与えようと伊佐治の荷物に手を伸ばします。

すると、荷物が転げ落ちて荷物の中から人の指が出てきました。

鈴と駒乃は意味も分からず、ただ驚き二人は「吉原は地獄」という先ほどの言葉を頭に浮かべたのでした。

そして、旅は続きついに江戸の吉原に着きました。

吉原は夜でもとても明るく、駒乃は地獄と聞いていたのに蛍のようだと感じたのでした。

次の日から吉原で生活するために鈴と駒乃はお風呂に入らせてもらい、身なりを整えました。

夜が明け三人は吉原に向かうために大門を目指します。

大門を目の前にして伊佐治は二人に「大門をくぐると年季が明けるまで外には出られない」と二人に言います。

その言葉を聞いて少し不安な顔になった駒乃に「心配するな。なり上がればどんな贅沢もできる」と伊佐治は言います。

駒乃は伊佐治の話を聞いても何を言っているのかわからず、ただ吉原を歩く人たちの豊かさや町の華やかさに驚くばかりでした。

大門をくぐり、先に着いたのは駒乃の奉公先の「扇屋」でした。

扇屋は吉原で2番目に大きな見世で、中に入るとおしろいや食べ物の華やかな香りが充満していました。

伊佐治は扇屋に入るとすぐに遣り手のお豊を呼びました。

駒乃は伊佐治から「ここでお別れだ」と言われ、鈴と伊佐治と離れて今から一人で生活をしていく事に不安になります。

すると扇屋の奥からお豊が出てきました。

お豊は豊満な体で態度も大きく、伊佐治が駒乃を差し出すと「話が違う」と言い出します。

お豊は11歳の娘を依頼したはずが、明らかに6,7歳の子供にしか見えない駒乃を差し出してきた事に不満を抱いていたのです。

そして、「これじゃ、売り物にならない!」と駒乃を追い払うような暴言を吐きます。

 

滔々と紅の最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、滔々と紅の最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料
今すぐU-NEXTに登録して
滔々と紅の最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...
ネタバレもいいけど漫画は絵で読んだ方が
100倍面白い!

\1万7000冊以上まるごと無料!/

初回登録50%OFFクーポンで有料作品も
半額
で読めます!

bookliveで半額で漫画を読む

滔々と紅1話感想

駒乃くらいの年の女性が江戸時代では、売り物にされているところを見ると貧困差がある時代だったんだと思います。

「吉原は地獄」という言葉の意味を徐々に理解して実感していく駒乃たちはどのように立ち向かいながら生活していくのかが気になります。

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍