漫画ネタバレ

輝夜伝27話ネタバレ!忘れ形見から判明した父親の死の真相とは?

2020年6月27日発売の月刊flowers8月号掲載の【輝夜伝】についてまとめました。

輝夜伝の最新話を全部無料で読む方法は?

輝夜伝の最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、輝夜伝を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

▶今すぐU-NEXTに登録して
輝夜伝を読む

兄から語られた月詠の両親の人物像とかぐやまでが口にした不死の薬とは?

月詠(つきよみ)の天女の力を自らのものにすることを目論む上皇治天の君の陰謀は粛々と進んでいました。

その為に彼女と親しい大神をも取り込もうとしていたのです。

今はその張本人の近くに控える大神。

そこに突然従者の跳丸を引き連れ訪問したのは凄王でした。

彼は大神が竹速の毒にやられたのを心配して来ましたが、本人はその毒に効く薬を使用したから大丈夫だと言います。

しかし大神の言葉とは裏腹に彼の顔は真っ青、とても大丈夫には見えません。

とにかく家で養生しろと言われた大神は素直に牛車に乗り込みました。

家までの帰路の途中跳丸は大神から早馬で行ってもらいたい場所があると言われます。

なんだかいつもと違う雰囲気だと思いつつ跳丸は主人の指示に従いました。

一方の月詠は兄である竹速に連れられ15歳になるまで住んでいた生家を訪れていました。

ここには何も残っていない、残っているのは思い出だけだと語る兄に両親の人物像を聞いた月詠。

まず兄から見た母親は人形のように美しい人でした。

そして実直な人だった父親は彼女がいなくなってから失意のあまり亡くなってしまったのだとか・・・。

でも竹速は原因は他にもあると考えます。

ある日形見の品を取り出していた父親は、どういうわけか血の気の引いた顔になりました。

そのまま家を飛び出した彼はその日は帰らず、やっと翌朝帰ってきたと思えばすぐに亡くなってしまったのです。

当時の竹速は父親を追い詰めたものが何か深く考えました。

結局答えは分からなかったものの手の内に入る大きさの母親の遺品箱には何かが入っていたことは事実。

だからそれを取り戻しに翁の館に向かおうと考えた竹速に月詠も協力することになりました。

「人である治天も天女であるかぐやも不死の薬を口にすることで長く生きたり若返ったりするのを見た」と話す竹速にはある考えがあります。

それは不死の薬を月詠が口にすれば彼女は月に帰らなくともよくなるということです。

父親を死なせた原因も天女が月に帰る手掛かりとも不死の薬は繋がっている・・・。

多くの謎を解明する為に二人は翁の館へ急ぎます。

翁の女房が月詠を物の怪だと嫌う理由と館襲撃のきっかけとなった意外な人物とは?

館の門前にいた翁の女房は月詠の兄が生きていたことを表面上は喜んでいるようでした。

会話もそこそこに本題に入ろうとした月詠ですが!?

突然弓と刀を構えた大勢の兵が押し寄せてきます。

帝の女御(じょご)かぐやを拐かした罪で竹速を捕らえようとする者達でした。

しかし武芸の達人である二人の強さは凄まじく兵達は圧倒されました。

それでも諦めず今度は矢を射らんとした彼らの気を逸らす為に館に火を付ける竹速。

「水じゃ!水を・・・だっ・・・誰かっ 誰ぞ助けよーっ」と叫ぶ女房を小脇に抱え館内を移動する竹速は彼女に父親の形見の場所を聞き出そうとします。

しかし竹速は亭主を殺した張本人だと思っており、物の怪である月詠にも話す気にはなりません。

「そちらが返さぬのなら女房殿こそ盗人じゃ」と竹速も負けじと刀を彼女の顔にあてがい脅します。

先程の追っ手も彼女が仕組んだことだと疑いました。

「亭主が死んだ場所で同じ目にあいたいとはあっぱれな女房よ」と言った竹速の目は本気です。

慌てて形見が隠してある場所に案内した女房は、追っ手が駆け付けたのは大神からの文がきっかけだと話しました。

文には「竹速は治天の西面の武者梟であり葛城の翁を殺した」と書かれていたました。

大神を信じた翁の女房はそれが理由で竹速を暗殺しようしたわけです。

彼女から見れば竹速は殺人鬼で月詠は母親そっくりの男を惑わすほどの美しさを持っています。

だから竹速は月詠に男の格好をさせました。

「夜は獣のように目が光り翌朝には竹のように身の丈が伸びておる。猿のように飛び蛇のように根性はねじくれておる」と散々な評価を付けた翁の女房。

でも竹速は猫のようについてくる月詠を邪険にすることは出来ませんでした。

そうこうしているうちに追っ手が近付いてきたので母親の形見を持って退散することに!

最後に翁の命を直接奪ったのは俺ではないとしつつも謝罪し翁の館から去りました。

安産祈願の数珠に隠された真実!そこからは見えてきたものとは一体!?

翁の女房から取り戻した母親の形見のなかには不死の薬はなかったものの、父親が握り締めていた安産祈願の数珠が見付かります。

その数珠の中央の宝玉には小さな子安地蔵が彫られていました。

これを見て分かることは父親が母親の安産祈願の為に与えたものではないということです。

水晶・琥珀・金銀・真珠といった高価なものを使用した数珠は、貧乏な父親にはとても購入出来ません。

ならばこの高価な真珠は他の者が与えた可能性があり、その者こそまことの父親の可能性があります。

つまり父親の死の原因はそれを知ってしまったことにあるわけです。

「では私の本当の父親は誰?」

その質問に答える為に竹速は月の光に数珠をかざしました。

「比叡山だ!この数珠が作られた比叡山に行けば答えが見つかるはずだ!」

手がかりを手にした二人は比叡山に向かうことになります。

 

輝夜伝の最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、輝夜伝を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

▶今すぐU-NEXTに登録して
輝夜伝を読む

輝夜伝【27話】忘れ形見から判明した父親の死の真相とは?の感想

天女や不死の薬があるならそれを利用しようとする者が絶対現れます。

竹速や月詠に大神はそうした者達の陰謀の渦に巻き込まれているわけです。

なので一番は月詠が天に帰れば済む話かもしれませんが、本人はそれを望んでないように見えます。

兄の竹速も妹を地上に留めておきたい!その為に母親の形見を探していたんですね!

そしてやっと翁の館から取り戻した形見の安産祈願の数珠から分かったのは、父親が別にいるということです。

更なる謎を解明するにはこの数珠が作られた比叡山に向かうこと・・・二人は迷うことなく目的地へと向かいます。

少しでも早く父親が誰かそして天女の秘密も明かされるといいですね。

次回の輝夜伝【28話】が掲載される月刊flowers9月号は7月28日頃の発売です。

輝夜伝28話のネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍