漫画ネタバレ

アンデッドアンラック33話ネタバレ!風子の巨大な不運が!?

2020年9月28日発売の週刊少年ジャンプ43号掲載の「アンデッドアンラック」についてネタバレをまとめました。

アンデッドアンラックを無料で読む方法は?

アンデッドアンラックを無料で読むならU-NEXTがオススメです!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、アンデッドアンラック最新巻を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
アンデッドアンラック最新巻を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

【前回のあらすじ】

アンダーのボスだったビリーは、円卓を奪い自分の手で神を殺すと言い出しました。

反撃をしようとする組織の面々ですが、ビリーはジュイスの能力やアンディの能力をつかいそれを妨害します・・・!

アンデッドアンラック32話のネタバレはこちら!

アンデッドアンラック33話不運がついてるのネタバレ

ジュイスに「どんな手を使ってもいい」といわれたアンディは風子の不運の力を使うつもりのようでした。

その作戦に気がついたジュイスは勝算があるのか心配しますが・・・

「勝算はある」

アンディはそういうと、プランを説明しました。

今ビリーごと円卓を持ち上げているバーンと呼ばれた燃える巨人には、以前船上で出会ったアンダーの女性、ラトラが乗っています。

ラトラには攻撃を受けない何らかの能力があるようで、このまま正攻法で攻撃を仕掛けても妨害されて不発に終わるだろうといいました。

この防御をかいくぐるには風子の不運にかけるしかない、そういうアンディの言葉をきいたジュイスはうなずきます。

「組織全職員につぐ!これより不死と不運を軸にした作戦を開始する!」

何としても円卓は奪われるわけにはいかない!そう叫んだジュイスは、首から流れる血を押さえながら叫びます!

「最優先はバーンの機能停止!」

そう叫ぶと、ジュイスは組織の否定者たちに指示をだしていきます。

ニコにはトップと一心の治療を優先するように、更にラボメンバーに指示を出すようにも伝えました。

ニコは面倒そうにしながらも、ラボメンバーに”施設操作の権限を付与”します。

ジュイスはシェンとフィルは古代遺物の保管庫へと向かわせ、これらの紛失や奪取を防ぐように指示しました。

道中使えそうなものは使ってもいいといわれたシェンは笑顔を見せ、フィルを抱えてその場から姿を消します。

そして、それを見届けたのちにジュイスはチカラにもある指示を出しました。

「私の止血を能力で頼みたい」

チカラは敬礼をするとすぐにジュイスの元へとかけよります。

「そしてタチアナ・・・」

チカラに頼んだあと、タチアナの方に目を向けたジュイスは口をつぐみました。

ビリーの離反にショックを受けたタチアナの前には、必死に彼女に語りかける風子の姿があったのです。

「大丈夫、私に任せて!」

そういった風子は、優しいビリーのことだからきっと何か事情があるに違いない、タチアナもそう思うでしょ?と微笑みかけました。

その言葉をきいたタチアナは、ビリー様を助けてあげて・・・と弱々しくつぶやきます。

風子はうなずくと、待っていたアンディの背に飛び乗りました!

そのまま上空へとすさまじい勢いで登っていくアンディを、ジュイスもタチアナも不安げに見送ります・・・

その頃、円卓を持ち上げたバーンは組織を離脱するべくズンズンと上へ登って行っていました。

「なんだ、結構楽勝だね」

そういってつまらなそうにしていたのは子供の姿になったリップです。

そんなリップにビリーが苦言を呈します。

「そううまくはいかんさ」

ビリーは、今円卓を奪うことができたのは”不意打ちをし続けられたからだ”といいました。

もうじきこの奪取は妨害されるだろう、と彼は考えていたのです。

その話をきいたリップは笑顔でビリーに話しかけてきます。

「まさかボスが組織の3席だったとはね!はじめまして、先に言っとくよ、俺とラトラは神殺しが目的じゃない、欲しいのはその次だ」

そう言ったリップの顔はニヤリといびつな笑みを作ります。

「こっちも裏切るってのはなしだぜ?ビリーさんよ」

リップの脅しともとれるような言動をビリーは気にもせず、かまわんよと涼しい顔です。

ビリーは、正義などという漠然とした目標では動かないんだと口にしました。

あるのは利害の一致のみによる信頼だけ・・・それこそが公平なんだというビリーに、リップはニヤリと笑います。

その頃、施設の捜査権を委ねられていたラボメンバーは忙しく動き回っていました。

「大型UMA凍結保管用冷却装置を全てバーンへ!」

彼らの話をきいていたニコは「電磁ケーブルも追加しろ!」と叫びます。

電磁ケーブルは安定性が・・・と慌てるミコに、ニコは怒鳴りました!

「ボケが!俺たちがすべきは捕獲に見せかけた種集めだ!ヤベーのをひたすら集めろ!あとは不死と不運がなんとかする!」

ニコの言葉通り、アンディは風子を連れてドンドンと上空へ登っていき、ついにバーンの姿をとらえました!

ビリーの頭上へとやってきたアンディを、ビリーはすかさずジュイスの能力をつかいこうげきを仕掛けてきます!

ジュイスと同様に不運に対しては自決の効果を発揮したのですが、風子のもつ刀は彼女の首に食い込む前にアンディの首へと飲み込まれていきました!

首を半分切り裂かれ、激しく血を吹き出しているアンディの頬に風子は口づけをします!

その瞬間アンディの頭は部位弾(パーツバレット)として射出され、バーンの口の中へと入って行ってしまいました・・・

それをみまもっていたリップは不思議そうな顔をしたあと、すぐにハッとしてラトラに手を伸ばします!

「くるよ!バーンのお腹の中のアンディに向かって!不運が!」

その瞬間、近くの電磁ケーブルの不具合が起きたのかバーンが感電し痺れました!

さらにダメ元で用意されていた大型UMA保管用の凍結装置が作動!

バーンは氷漬けにされてしまいました・・・!

ところが、その状態でもビリーはうろたえもせず、さらには無駄だと吐き捨てます。

その言葉通り、バーンの体を覆っていた分厚い氷はすでに割れようとヒビがはいりはじめていましたが・・・

「また来るよ、みんなで集めた大きい不運が」

風子はそういうと、力強くビリーを睨みつけました。

そしてその言葉通り、バーンの胸を巨大な杭のような塊が刺しつらぬいたのです!

不壊と書かれたその杭のおかげで、バーンの動きはとまりました!

「バーンは止めた!逃さねえぜビリー!」

アンディの声をきいたビリーでしたが、それでも彼は表情をかえません・・・

アンデッドアンラックを無料で読むならU-NEXTがオススメです!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、アンデッドアンラック最新巻を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
アンデッドアンラック最新巻を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

アンデッドアンラック33話不運がついてるの感想

ビリーに何か事情があるのでは?と示唆されだしましたが、彼は最初から円卓を奪うために組織にいたのではと思われます・・・

その真相も含め次回が楽しみですね!

次回のアンデッドアンラック34話が掲載される週間少年ジャンプ44号は10月5日の発売です!

アンデッドアンラック34話のネタバレはこちら!

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍