漫画ネタバレ

裏世界ピクニック44話ネタバレ!ついに閏間冴月を発見!?

2021年11月12日発売の月刊少年ガンガン12月号掲載の「裏世界ピクニック」についてネタバレをまとめました。

裏世界ピクニックの漫画が無料で読めてしまう方法!

裏世界ピクニックの漫画が無料で読めてしまう方法!月刊少年ガンガンで連載している「裏世界ピクニック」を無料で読む方法をまとめました。 裏世界ピクニックを無料で読むならコミック.jp...

裏世界ピクニック最新話までネタバレまとめ!最終回まで全巻全話更新中!

裏世界ピクニック
裏世界ピクニック最新話までネタバレまとめ!最終回まで全巻全話更新中!月刊少年ガンガンで連載中の人気漫画「裏世界ピクニック」のネタバレを全話まとめました。 アニメ化の勢いに乗って、原作の「裏世界ピクニ...

【前回のあらすじ】

空魚たちは裏世界を研究する団体、DS研究奨励協会の事務局長である汀曜一郎に会いました。

冴月がそこの研究員だったことを知った鳥子は、彼女の手がかりを見つけるため、研究所に行くことを希望します。

空魚や小桜も一緒に研究所に向かいましたが、そこには裏世界の犠牲者たちの衝撃の姿がありました。

裏世界ピクニック43話ネタバレはこちら

裏世界ピクニック44話ネタバレ

空魚と鳥子と小桜は、汀の案内で閏間冴月の研究室へとやってきました。

すると鳥子は無言で研究室の中を調べ始め、冴月の研究ノートを見て驚きます。

そのノートは読めないように文字が暗号化されていました。

何で?と問いかける鳥子に、汀は研究成果を盗まれるのを警戒してのことかもしれないと答えます。

彼女が消息を絶った後に、汀たちも暗号解読を試みましたが、成果は得られなかったとのこと。

小桜も何度もそのノートを調べたようですが、何も分からなかったようです。

そんな中、空魚は汀にここの研究者なのかと尋ねます。

スタッフもほとんどいないので、研究所として機能しているようには見えないという空魚。

すると汀は仰る通りで、自分はこの建物の管理人に過ぎないと言います。

偽装と資金調達のために始めた労災保険の運用は順調で、そのフロアまで下りれば従業員もたくさんいるようですが、肝心の研究所はほぼ機能していないようです。

90年代に設立されたDS研は元々ある大手電気メーカーが、内々に始めた勉強会だったのだとか。

新しい時代の生命科学を研究するという触れ込みで始まったその会は、気功やフリーエネルギーといったニューエイジ的なトピックを取り上げて語り合い、その実用性を模索するというものでした。

当時は同じような動きがいくつもあり、官庁主導のものすらあったのだとか。

しかしほどなくしてカルト団体によるテロ事件が起こり、オカルトへの忌避感が噴出したため、そうした動きは表に出て来なくなったようです。

ただ企業や政治団体のインナーサークルでは生き残っており、DS研も代議士や役人を巻き込んで存続しました。

その話をした後、汀は丹光というのをご存知ですかと、空魚たちに唐突に問いかけます。

それは目を閉じても見える光のことで、元は仙道の言葉のようです。

小周天の行を繰り返すことで眉間の裏に光が現れ、この光に集中することで第三の目が開くのだとか。

ヨガでも瞑想をしているとだんだん光が見えるようになり、開いたチャクラによって見える光の色が変わると言われているようです。

空魚は胡散臭い話だと言いますが、小桜は本当に見えるのだと話します。

人間を暗闇に置いておくと、脳が勝手に存在しない光を作り出すようです。

人間は感覚器から得た情報を脳内で視覚処理して出力したものを見ています。

そのため途中のプロセスに介入すれば、意識的に幻覚を見ることも可能になるのだとか。

丹光はハッキリした映像でもないただの光なので見るのは簡単にできますが、普段はそんな処理は意識せずやっているので、改めてやろうとすると調子が狂うとのこと。

これを神秘体験みたいに利用して、金をむしり取るセミナー商法があるようですが、中にはそこから破壊的なカルトに誘導されるケースもあるようです。

そしてDS研が裏世界の存在を発見したのは、その丹光がきっかけだったのだという汀。

 

ヨガや仙道の行や瞑想によって「精神の拡張」を測るようになったDS研ですが、神秘主義からカルト化への道を辿り始めた課程で奇妙なことが起こりました。

瞑想していたメンバーが、丹光の中に不思議な光景を見るようになったというのです。

枯れた色の草原や設計意図が分からない建物の廃墟、深くて暗い森、白砂の海岸など、文明滅亡後を思わせるような光景の中に人間は誰もいません。

同じ体験をする者は次第に増え、やがてその光の中に入り込む者が現れました。

その際に生じた丹光が非常に深い青い色だったので、この世界は「ウルトラブルー・ランドスケープ(UBL)」と呼ばれるようになりました。

 

その話を聞いた鳥子は、冴月が言っていた青い光が危ないというのはそのことだったんだと気づきます。

空魚は今まで青い光に近づいた状況を振り返り、相当ヤバい場所ばかりだったと感じます。

青い光が裏世界の深い領域を示すというのは間違いないと考える空魚。

汀は、ヨガでは開いたチャクラによって見える光の色が変わると言いましたが、それによると喉の第五チャクラでは青、眉間の第六チャクラは藍色のようです。

DS研の中には、もしかすると伝統的神秘主義の技法には、裏世界との接触方法が含まれていたのではないかと唱える者もいました。

そして彼らはその未知の世界に夢中となり、裏世界の探索を始め、向こうからこちらへ物品を持ち帰ることさえ可能になりました。

研究者たちは精神の物質化に成功したと考え、その物品が既存の科学では説明のつかない振舞いをすることを発見し、有頂天になっていったのです。

ところが、彼らの多くは長くは続きませんでした。

UBL接触者が精神に異常を来したのです。

正気を失う者や失踪する者が相次ぎ、肉体的に激烈な変異を発症するものまで現れました。

多くが亡くなり、生存者のほとんども二度と社会生活が営めない状態に陥りました。

以後、DS研は裏世界犠牲者のケアを主たる活動としながら、治療の手がかりを探すという名目で細々と存続しているのだとか。

残念ながら治療の糸口は見つかっていないようですが、裏世界やそこから来た物品の研究をすることが、将来的に役に立つのではないかと考え、DS研は活動を続けているようです。

すると鳥子は、冴月は何をしていたのかと汀に尋ねます。

汀によると、冴月は数年前にDS研に接触してきて、自分はより安全な方法で裏世界を行き来できると称して、UBLアーティファクトを持参したのだとか。

冴月のアプローチは怪奇現象の起こった現場や事故物件などで裏世界の入り口を見つけて侵入するという、DS研の神秘主義的な手法とは全く異なるものでした。

そして汀は、冴月から裏世界調査の手を広げるために有望そうな人材をスカウトしていたと聞いているらしく、鳥子にその一人なのかと尋ねます。

その一人?と聞き返す鳥子。

目星をつけた若い子が何人かいると、冴月は言っていたようです。

それを聞いて切ない表情をする鳥子を、心配そうに見つめる空魚。

すると鳥子は突然空魚に、冴月の研究ノートを読んでみてくれないかと要求しました。

どうやってと戸惑いながら問いかける空魚に、鳥子は右目を指します。

こちらの世界の文字は裏世界に行くと変になりますが、逆に裏世界で読める文字もあります。

つまり鳥子はそのノートに書かれているのが、裏世界の文字ではないかと考えたようです。

そこで空魚は、右目で研究ノートの文字を読んでみることにしました。

すると徐々に文字が読めるようになり始めます。

そして次の瞬間、空魚はノートに書いてある言葉を喋り始めました。

ところが全く意味の分からない言葉だったため、一同は唖然とします。

読み終わった後、空魚も今私なんて言った?と驚きます。

しかしその直後、突然青い光が空魚の目に飛び込んできました。

思わずギュッと目を瞑り、ゆっくり目を開ける空魚。

その瞬間、目の前の光景にゾワッと鳥肌が立ちました。

なんと鳥子の背後に、彼女の探し求める閏間冴月が浮かんでいました。

裏世界ピクニックの漫画が無料で読めてしまう方法!

裏世界ピクニックの漫画が無料で読めてしまう方法!月刊少年ガンガンで連載している「裏世界ピクニック」を無料で読む方法をまとめました。 裏世界ピクニックを無料で読むならコミック.jp...

裏世界ピクニック最新話までネタバレまとめ!最終回まで全巻全話更新中!

裏世界ピクニック
裏世界ピクニック最新話までネタバレまとめ!最終回まで全巻全話更新中!月刊少年ガンガンで連載中の人気漫画「裏世界ピクニック」のネタバレを全話まとめました。 アニメ化の勢いに乗って、原作の「裏世界ピクニ...

裏世界ピクニック44話感想

ついに閏間冴月が現れましたが、明らかにこの世のものではなさそうな雰囲気でした。

彼女は死んでしまったのでしょうか?

次の展開が気になりますね。

次回裏世界ピクニック45話が掲載される月刊少年ガンガン1月号は12月10日発売されます。

裏世界ピクニック45話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍