漫画ネタバレ

ウサギと黒ヒョウ様の共生関係31話ネタバレ!一難さって・・・

ピッコマ漫画掲載「ウサギと黒ヒョウ様の共生関係」31話についてネタバレをまとめました。

【前回のあらすじ】

ウサギと黒ヒョウ様の共生関係30話はこちら

アヒンに、お前は誰だと聞かれ

さっきビビって呼んでなかった?今更なに・・・?と混乱して何も言えないでいると、アヒンの背後に黒ヒョウが獲物を狙う様子が思い浮かんで怖がるビビ

しかし、ビビが「ビビです」と恐る恐る言うと、アヒンは何も言わず下を向いて笑い出します

それを見て自分がからかわれたことに気づき、ビビは真っ赤になり怒ります

なんてイジワルなの・・・そう思っていると、突然ビビを抱きかかえるアヒン

ビビがびっくりしていると、アヒンは笑いながらビビを見て、

「私たち・・・話すことが山ほどあるよな?」と言うのでした・・・

「ウサギと黒ヒョウ様の共生関係」31話ネタバレ

微笑みながら話すことがあるよな?と言われ、ビビは

“今からあたしの事根掘り葉掘り聞いてくるつもりなのね!?”と内心ぞっとします

そこで、とりあえず逃げようとしてアヒンにちょっと待てと言い顔を背けますが、その瞬間クラッと眩暈がするビビ

そして、急に息苦しさを覚えます

ふらつくビビを抱きながらアヒンはビビ!と呼びます

ビビは息苦しさから手を震わせ、アヒンの方を向き助けを求めるように顔で訴えます

“あたし・・・息ができない・・・”

アヒンは大丈夫か?落ち着いて深く息を吸ってと指示を出します

まだ慣れないフェロモンを急に出したせいで身体に負担がかかったんだ、ゆっくりためてからやってみろと言うアヒンに従って

ビビはゆっくりと・・・と思いながらやってみますが、うまくいかずに苦しさが続きます

息が絶え絶えのビビは混乱し、いったいどうすればいいの?と思っていると、アヒンが急に

「助けてやろうか?」と顔を近づけてきます

ビビは、そうねアヒンなら助けてくれる…そう思いながらアヒンを見ていると、アヒンはどんどん接近してきてビビは動揺します

“ええっ!近すぎるわよ!?”と思い、両手でアヒンの口を押えて大丈夫!一人で何とかしてみる・・・と言うと

アヒンはその手を払ってニヤっとしながら自分が手を貸してやれば大分楽になるんだが、このまま下手をすれば死ぬぞと脅してきます

すると・・・

ビビの首元に顔を近づけるアヒン

そして、ゆっくりと噛みつきます

ビビはなんだか変な気持ちがして目をギュッとつぶって待ちます

そして、アヒンのフェロモンが身体に入り込んできて自分のフェロモンを圧迫していることに気づきます

苦しさが少しずつ消え、ぞっと呼吸が楽になるビビ

でも、相変わらず身体に力が入らずにいます

アヒンは首元から離れると、息を止めたらダメだぞと言い、ビビの背中をトントンと優しく叩いてあげるのでした

眩暈も消え、息苦しさも楽になった頃、あたしもう大丈夫・・・と言いながらアヒンを見たビビは、アヒンがドアに視線を向けていることに気づき、どうしたの?と聞きます

“外に誰かいる・・・?”

そう思うや否や、ドアがドンドンと力強く叩かれ、勢いよく開いて入ってきたのはミオでした。

アヒン様!!ウサギ様!!こちらにいらっしゃっ・・・と言いかけると・・・

アヒンが裸の女性を抱きかかえ座っている図に、状況が飲み込めずに立ち尽くすミオ

アヒンは何も言わず、ただドアを閉めて外で待っていろと指示します

するとまたドアの向こうから他の声が。

「ミオか?そこで何してる?」

その声の主は、ボロボロになったイブリンでした

イブリンもまたノックをして無事を確認しますが、アヒンが中から一言大丈夫だとだけ言うと、

「いいえウサギ様がです」と返すイブリン

アヒンが大丈夫と言い返そうとすると、ビビはぶすっとしながらアヒンがつけた首の傷を指さして

“アヒンったらこれ見なさいよ!これでも大丈夫って言えるの!?”と目で訴えます

アヒンはププッと吹き出して、「・・・まぁどうにかこうにか」と答えるのでした

ビビは、イブリンの声に安心して眠くなっちゃったと言うと、そのまま眠ってしまいます。

そんなビビを見てアヒンは、お前人間になったの今回が初めてではないな?とニヤッと笑いながら言うのでした・・・

「ウサギと黒ヒョウ様の共生関係」31話ネタバレ感想

アヒンとビビ・・・アヒンだけいい感じですね・・・!笑

2人はくっつくのでしょうか・・・今後どんな展開になるのか楽しみですね!

ウサギと黒ヒョウ様の共生関係32話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍