漫画ネタバレ

脇役の私が妻になりました24話ネタバレ!セドリックの気持ちはディランに向いて・・・

ピッコマ漫画掲載「脇役の私が妻になりました」24話についてネタバレをまとめました。

【前回のあらすじ】

書斎にお邪魔をしたのは妹に手紙を書いててインクが切れてしまったからだと言うディラン。

なぜ隠れたんですか?とまた聞くセドリックに、キョトンとしながらさっきと同じ回答をすると、またむっとするセドリック。

ディランを睨みながら、「なぜ・・・そんなに他人行儀なんですか?」と言いますが、ディランはなぜセドリックが怒っているのかわからず・・・

その後の会話でディランが好きなものを語り楽しそうにしてる姿を見て、ディランに対する自分の好意に気づき始めるセドリックですが

そこで、ハッと母親のこと思い出し、初対面は大丈夫でしたか?と不安でドキドキしながら聞くセドリックですが、ディランは意外な返事をしてきて・・・!?

脇役の私が妻になりました23話ネタバレはこちら

「脇役の私が妻になりました」24話ネタバレ

今回はイベットの過去に触れるシーンから始まります。

生まれ持った美貌と圧倒的な演技力で名声を博した女優だったイベット。

貴族でも伯爵家以上の令嬢にしか名前の前に「レディー」という称号はつかないのですが、人々は彼女を称えて「レディー・イベット」と呼んでいました。

ベイトリー伯爵とは3度目の結婚だった彼女。

その燃え盛る炎のような、拭き荒ぶる嵐のような強烈な魅力をもつと今も評されるイベットですが・・・

息子のセドリックは、ディランがそんな気性の荒いイベットと対面したことを不安に思っていましたが意外にもディランがイベットのことを「優しい」と言ったことで衝撃を受けます。

“彼女にそんな第一印象を持った人と初めて会った・・・”と思うセドリック。

それもそのはず、イベットはセドリックに「お腹痛めて産んだ息子の相手には良い人というだけでは満足できないわ!」と息巻いていたのですから。

どういうことだ??と疑問に思うセドリックに対し、ディランは明るく

城下での生活をイベット様がサポートしてくれるというので心強いです!と言うのでした。

嘘をついている様子もないし、お祖父様も使用人たちもディランを好きなようだし・・・

ディランはディランでそんな彼らを好きなようだから、きっとお母さまも同じようなものだろう・・・と思い、“この結婚は悪くない選択だったかもしれないな”と笑うセドリックなのでした。

しかし、本来ディランに一番近いのは自分のはずなのにと母親にも焼きもちをやくセドリックは、自分にも手伝えることはありますか?と聞きます。

ディランはもちろん!というと、食事や会話のマナー練習、ダンスの練習・・・と言います。

しかし、ダンスで男性のパートナーは絶対必要だけれどイベットがセドリックはいつも仕事で忙しいからパートナーの男性を探さなきゃいけないかもとおっしゃってました・・・

というディランに、帰宅後も仕事しに書斎に来るほど忙しいくせに全然忙しくないと主張するのでした。笑

そして改めて、ブライアートンハウスはお気に召していただけていますか?と聞くセドリックに笑顔でもちろん!というディランを見て、微笑むのでした。

そして、ディランがきてからガラリと周りが良く変化していることに気づいたセドリックは、ディランに対してドキドキするのでした・・・

脇役の私が妻になりました24話ネタバレ感想

これでハッピーエンド・・・!

では、ないんですよねー!笑

ここからどんな変化があるのでしょうか。

次回も楽しみですね!

脇役の私が妻になりました25話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍