漫画ネタバレ

ウィッチウォッチ7話ネタバレ!ニコのピンチを守仁が救う!

2021年3月22日発売の週刊少年ジャンプ16号掲載の「ウィッチウォッチ」のネタバレについてまとめました。

【前回のあらすじ】

守仁に気に入られるため、魔法で雑誌の写真をコピーし、オシャレな服装に着替えたニコ。

しかしそれは写真をコピーする魔法なので、後側はスケスケの状態でした。

そのためニコは、必死に後ろ姿を見せないようにしながら、守仁におしゃれな服をアピールしますが、彼はヨーロッパの古着マニアらしく、いつものニコの服装が好みだったと判明。

ニコはすぐさま着替えようとしたところ、スケスケの後ろ姿を見られてしまい恥をかくのでした。

ウィッチウォッチ6話ネタバレはこちら

ネタバレもいいけど漫画は絵で読んだ方が
100倍面白い!

\全巻無料でお試し読みはこちら/
今なら600円分無料ポイントGET!

U-NEXTで無料で漫画を読む

ウィッチウォッチ7話ネタバレ

守仁の家に、大量の荷物が届きました。

それはニコが母親の伊吹に頼んで送ってもらった漫画本のようです。

荷物には守仁宛てに手紙がついていました。

手紙には彼女が今、悠仙郷という場所にいるということが記されていました。

そこは魔女狩りから逃れて日本へ渡ってきた魔女たちが住み着いた聖地で、ニコが修行をしたところです。

彼女がその地に留まる理由は、そこの環境が魔力を上げるために最適だから。

予言はとても魔力が必要で、今の彼女では成功率が高いとは言えないらしく、ニコの災いの確実な情報を得るため、恐らく数か月はその地で修行に励むようです。

それまでは、ニコを見守ってあげてほしいとのこと。

そして勉強のフォローやお小遣いの管理、さらにニコを甘やかさないでちゃんと叱るように、とも記されました。

幼い頃からニコに頼られ、そのたびに色々助けてあげていたことを思い出す守仁。

そんな中、ニコが荷物を運ぶのを手伝ってほしいと、守仁に要求します。

しかし守仁は、自分のことは自分でやりなさい!と叱りました。

母親の手紙を読んで責任感がアップしている様子の守仁に、ニコは不貞腐れながらも、一人で運ぶと言いつつ、魔法を使おうとします。

しかし守仁は、それやめろ!と制止。

魔法はろくなことにならない、反動で性格も悪くなるという守仁。

守仁は魔法で楽ばかりせずに、自分のものは自分で運ぶよう指示します。

するとニコは自分の手で運んで、なおかつ作業効率もアップする魔法があると言いながら、自分自身に「ダブリード」という魔法をかけました。

その瞬間、ニコは二人になりました。

ただし二人に増えた分、大きさも二分の一になっている模様。

それでもニコは一つの段ボールを2人で持って運び始めます。

そんなニコに、守仁は人手が増えても二人で持ったら一人分なので、作業効率はアップしてないと突っ込みますが、彼女は考える力も半分になっているのか、全く理解できていないようです。

歯がゆくなりつつも、もはや見守るしかない守仁。

するとニコはもう一回ダブリードしたら、2人がまた2人になって4人になると気づき、ダブリードを唱えて4人になりました。

しかしニコはさらに小さくなって四分の一の大きさに。

そして4人で1つの箱を持って運び始めるニコに、だから意味ねぇんだって!とイラ立つ守仁。

この魔法は筋力も減るため、いくら増やしても総合力は1のままなのです。

しかしニコは構わず、4人で仲良く力を合わせて「いっちにっいっちにっ」と段ボールを運び続けます。

ついにしびれを切らした守仁は、段ボールをまとめて部屋に運び入れ、作業を終わらせました。

ニコたちが外で仲良く話す中、守仁は手紙がまだ途中だったことを思い出し、続きを読み始めます。

そこには『新しい予言が出ました。犬と雨だれが災いをもたらす』と記されており、どういうことか分からず、心臓の鼓動が早くなる守仁。

次の瞬間、外からニコの悲鳴が聞こえ、守仁は慌てて外に飛び出します。

そこには大きな犬に追いかけられるニコの姿が。

守仁はすぐさまニコを助けに入り、腕に噛みつかれながら、彼女を守りました。

大泣きするニコに、大丈夫かと声をかける守仁。

そこへ遅れて犬の飼い主のおじさんが、やってきました。

守仁は猛犬の首輪が外れることもあるので、今日のところは容赦すると告げ、おじさんはホッとします。

しかし猛獣のタガが外れた時も、許してくださいねと言いながら、おじさんを鬼の形相で睨みつける守仁。

おじさんと犬は怖がりながら謝り、そそくさと退散していきました。

 

その後、元に戻ったニコは調子に乗って、はしゃいでいたことを守仁に詫びました。

そして守仁のためにコーヒーを淹れに行くニコ。

その間、守仁は一枚の紙きれを開きます。

そこには魔方陣のような紋様が描かれていました。

それは伊吹がニコの災いが回避できたら、紋様が消えるように魔法をかけたもの。

それを見れば、災いが継続中かどうか判別できるようです。

つまり災いの正体は、さっきの犬ではなかったということ。

手紙には災いは「犬と雨だれ」と記されていました。

どういう災いか分からないものの、雨の日に起こるのは確定だと考える守仁。

テレビの天気予報では、夕方から次第に崩れてくると伝えられていました。

そして外では雨が降る中、電柱の上から怪しい人物が守仁の家を見下ろしていたのでした。

ウィッチウォッチ7話感想

守仁は大変そうでしたが、小さいニコが子供みたいで、とても可愛かったです。

しかし災いとは一体何なのでしょうか?

そして最後に登場した謎の人物の正体が気になります。

次回のウィッチウォッチ8話が掲載される週刊少年ジャンプ17号は3月29日に発売されます。

ウィッチウォッチ8話ネタバレはこちら

ネタバレもいいけど漫画は絵で読んだ方が
100倍面白い!

\1万7000冊以上まるごと無料!/

初回登録50%OFFクーポンで有料作品も
半額
で読めます!

bookliveで半額で漫画を読む

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍