ヤバい女に恋した僕の結末

ヤバい女に恋した僕の結末96話のネタバレ!叶奏、ついに自首を決意!?

今週の週刊漫画TIMESでは、最新話の96話が掲載されています!

前回はついにマモルと叶奏の家に警察がやってきて、二人は居留守を使いますが

「いよいよ後がない」と自首する覚悟を固めたマモルでした。

今回は警察が去った後の2人の緊迫したやり取り(心理戦?)が見ものです!

では早速ネタバレ行ってみましょう!!

ヤバい女に恋した僕の結末の1巻を無料で読む方法!

今なら、まんが王国で5月27日まで期間限定で1巻無料で読めるキャンペーンを行なっています!


ヤバい女に恋した僕の結末

他にも常時3000冊以上のの電子書籍で読める漫画が取り揃えてあり、無料キャンペーンや50%オフクーポンがありボーナスポイントも付与されたりと漫画好きには必見のサービスです。

ぜひこの機会にお試ししてみてください↓

ヤバい女に恋した僕の結末の最新話を無料で読む方法は?

ヤバい女に恋した僕の結末の最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ヤバい女に恋した僕の結末の最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
ヤバい女に恋した僕の結末の最新話を読む

ヤバい女に恋した僕の結末96話のネタバレ

『わかった、君はもう死んでくれ!!』というマモル。

叶奏は涙なのか汗なのか、もう顔はぐちゃぐちゃです。

自分で「死ぬ」とは言ったものの、

いつものマモルの優しさに漬け込んで、

死ぬと言えば何とかしてくれるんではないかという甘い期待がありました。

いざマモルから「死んでくれ」と言われると、どうしたらいいかわかりません。

『わ・・・私 今・・・死ぬ・・・って言ったんだよっ!』

『なのに・・・死んでくれ・・・って!!何っ!?』と叶奏は聞き返します。

しかしマモルは真剣です。

『本当に刑務所は言って・・・自分だけ生き残るつもりっ!?』

『自首しないって・・・!私と幸せになるって約束したじゃんっ!』

と言いますが、やはりマモルは黙りこくったままです。

さらに叶奏は『私にウソつくの!?マモルくんっ!』

『私達何をするんでももう・・・ずっと一心同体だったんじゃないのっ!?』

と激しくマモルを責め立てますが、マモルはじっと黙って一言、

『そ・・・そう・・・!』と言うのみでした。

完全に怒った叶奏は『私一人で・・・死ぬ!』『本気よ!!い・・・いいのね!?』と、

さらにマモルを煽ります。しかし、マモルはじっと下を向いたまま。

『と・・・止めるなら・・・考え直すなら・・・今よっ!!』とハサミを自分の首元に持っていく叶奏。

そのとき、マモルはすっと手を出し・・・そのハサミを握り叶奏の首元に当てるのでした。

『へっ・・・!?』

ここまでやったにも関わらず、心配して止めるどころか

本気で「死なせようと」しているマモルに怯える叶奏。

喉元にはハサミの先端がわずかに刺さり血が流れます。

痛いと必死に抵抗するも、マモルに馬乗りにされて身動き取れません。

『叶奏ちゃんでも・・・普通に痛みは感じるんだ・・・』

『坂下も・・・鷹野も・・・みんなすっごく痛かったと思うよ』

『次はキミが・・・その報いを受ける番なんじゃないかな・・・?』

淡々と語るマモルですが、叶奏の喉元にあてがうハサミの手を降ろしたりしません。

『大丈夫!安心して!オレがひと思いに叶奏ちゃんを殺してあげるから!』

そう言うマモルの目には涙が。

マモルは叶奏には死んでもらい、その上で叶奏の犯した罪も全部背負う気でいるのです。

どのみちもうどこにも逃げられないと言うマモルはとても鬼気迫った様子です。

そうしているうちにどんどんと叶奏の喉元にはハサミが刺さってゆき・・・

ついに叶奏は『じっ自首ずる・・・ッ!!マ・・・マモルぐんどっ・・・一緒にっ!!!』

と言うのでした。過呼吸気味の叶奏。

マモルはしばらく沈黙した後に、『ほ・・・本当に・・・?』と聞きます。

叶奏は『うん』と答えてマモルから顔を背けます。

マモルが「本当に自分を殺そうとしていた」狂気的な瞳が怖くてまだ震えています。

少し落ち着くとマモルはハサミについた血をみて、

『ほ・・・本気で殺してしまうとこ・・・だった!!』

『こ・・・んな衝撃・・・は・・・初めて・・・だ!』

と自分を振り返ります。そして叶奏に優しく語りかけるのです。

『叶奏ちゃんも・・・こんな感じで・・・つい思わず数々の過ちを?』と。

叶奏もきっと、そんなつもも魔が差したのでもなく

何かの拍子でたまたまこんな形となり、不幸なタイミングが重なって

心のバランスが崩れて悪循環になってしまったのではと言います。

そして、叶奏も望んで自分の人生をこんな風にしたのではなく

少しの行き違いで歯車がずれてしまったけれど、誰にもそばに居てもらえず

たった1人で消せない闇の中を生きてきたのだと、叶奏のことを思いやります。

それを聞いて涙を流す叶奏。

『人を死なせちゃって・・・平気だなんて思ったことは・・・ない!』

『何とかなるなんて言ってたけど・・・本当は怖くって・・・辛くって・・・後悔ばっかしてた!』

と、自分の思いを語り始めます。

ただ幸せになりたいだけなのに、いつもとんでもない間違いを犯してしまう叶奏。

しかし今度ばかりは本当に心の底から改心したのでしょうか?

『出所てくるまでに何年掛かるかわからないけど・・・けどっ!

私のことを絶対に待ってて欲しいの!』と泣きながらマモルの手を握ります。

戸惑いながらも、うんと答えるマモル。

『本当にっ!?本当の本当だね!?マモルくんは私にウソつかないもんねっ!』と

必死な叶奏。

マモルは『愛してはいけないキミと生きる・・・それしかオレには・・・』と思うのでした。

 

今なら、まんが王国で5月27日まで期間限定で1巻無料で読めるキャンペーンを行なっています!


ヤバい女に恋した僕の結末

他にも常時3000冊以上のの電子書籍で読める漫画が取り揃えてあり、無料キャンペーンや50%オフクーポンがありボーナスポイントも付与されたりと漫画好きには必見のサービスです。

ぜひこの機会にお試ししてみてください↓

ヤバい女に恋した僕の結末の最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ヤバい女に恋した僕の結末の最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
ヤバい女に恋した僕の結末の最新話を読む

ヤバい女に恋した僕の結末96話の感想

ついにでました叶奏の自首宣言!!

叶奏がこのまま大人しく自首するとは思えないのですが・・・本気なのでしょうか?

「くるところまで来てしまった」2人ですが、この後どう物語が展開していくのでしょう。

まだ叶奏には何か裏があって、上手く逃げるのでしょうか?

それとも・・・?次回も目が離せません!