漫画ネタバレ

やんごとなき一族33話ネタバレ!佐都達を倒す為に考えた策略とは?

2020年7月22日発売の月刊Kiss9月号掲載の【やんごとなき一族】についてまとめました。

やんごとなき一族最新話を無料で読むならU-NEXTがオススメです!

やんごとなき一族

今なら1巻まるごと無料で読むこともできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、やんごとなき一族最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
やんごとなき一族を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

【前回のあらすじ】

美保子は佐都と健太が幸せそうにしていることに猛烈な嫉妬心を燃やします。

佐都には子供が出来たのに自分には出来ない、しかも夫の事業は健太より順調ではないのが気に食いません。

美保子自身は資産家の一員で夫とそれなりに裕福な生活をしているのに、彼女はそんなことは関係ないとばかりに一方的な逆恨みをしたのです。

「深山家(みやまけ)は私のもの」

しかし当の佐都は何の苦労もなく今の地位築いたわけではありません。

厳しい花嫁修業にやんごとなき身分の方々との難しい人間関係、夫の事業への提案までしてきたのです。

やっと周囲に認められるようになった矢先に美保子は策略を練りました。

それは健太に淡い恋心を抱いている泉を利用しようとするものです。

「利用出来るものは何だって利用してやるわ」

美保子の暴走はもはや夫の明人では止められません。

そんな彼女の接近に泉は・・・。

やんごとなき一族32話のネタバレはこちら

健太への気持ちを諦めきれない泉!そんな彼女に美保子の魔の手が?

美保子は話があると言って泉を近くのレストランに誘いました。

まずは差し障りのないことから・・・健太の秘書の仕事はどうかと聞きます。

元々秘書の仕事を義父に提案したのは美保子です。

憧れの泉と仕事が出来ると知ったら本人は張り切るだろうと義父に話した時のことを伝えます。

泉にとってそう言われるのは照れ臭いことですが残念ながら過去の話。

健太の心には佐都以外眼中にないと諦めています。

「それは悔しいですよね」

佐都なんかより上流階級で幼い頃から育ってきた泉のほうが素敵な女性なのに・・・。

いよいよここで健太の妻にならないかと提案しました。

必死で否定する泉ですが自分のなかにまだ健太への想いがあるのは事実。

そこで美保子は泉のSNSの裏アカウントは全てチェック済みだと話します。

SNSには様々な愚痴が書かれていました。

更に泉が隠していたある秘密も知っていると言った美保子は、ここぞとばかりに畳み掛けてきます。

厳格な深山家がその秘密を知れば健太とは一生結ばれることはない。

だから佐都を追い出し健太の奥様に収まるよう協力すると美保子。

「その代わり明人と自分を深山の跡取りにしとほしいの」

つまり跡取り争いから身を引き健太の温泉事業の邪魔をしろと言っているのです。

泉は姑息な手を使い健太達の邪魔をしようとする美保子を非難しますが・・・。

そんなことではいつまでも欲しいものは手に入らないと強気な姿勢を崩しません。

ここまで上り詰めるのにどれだけ苦労したか・・・だからもう人から見下されるのは嫌!

あくまでも悪の道に突き進もうとする彼女に言葉を失い、泉はこの場を去りました。

一人残された美保子はそれでも全く諦めた気配はありませんでした。

金を借りに来た遊び人の大介!しかし健太は厳しい態度で接し・・・

一方深山の大邸宅で健太とゆっくりとした朝を迎えた佐都の耳に、突然ドドドドッとした音が聞こえてきます。

「一体なに!?」

カーテンを開けると家政婦が樹木に水やりをしていました。

時間的にもとっくに起きてるだろうと思ったと言いますが、佐都は絶対わざとだと感じます。

樹木の水やりならそんなジェット噴射でなくとも出来るからです。

そんな時一般家庭の人達が深山の自宅がある高級住宅街の観光に訪れました。

東京の田園調布に負けず劣らずの大邸宅の数々に度肝を抜かす彼らは、贅沢な生活が羨ましくて仕方がありません。

ブオン

彼らの横を通り過ぎた黄色のフェラーリのオープンカーを見掛けた佐都。

あんな超高級車が普通に走っているなんてどれだけヤバいんだと驚いていました。

なんとその車は深山家の門の中に入り・・・。

訪問者の正体は健太の弟である大介です。

表向きは佐都達夫婦が子供を生んだことを祝福しているようですが、実際はリツコと離婚してから上手くいかなくなった愚痴でした。

父親からは家もクリニックも没収され一族の集まりにも呼んでもらえなかったのだとか。

現在の仕事はあちこちのパーティーに呼ばれて、マダム達にヒアルロン酸を注射しプチ整形することです。

しかしなかには顔がツバメにならないかとしつこく言い寄ってくる人もいて困ると笑いながら話す大介。

「医者の真似事なんかやめてクリニック持てよ」

兄貴の説得に薬の種類を間違えて客から訴えられかけてるんだと大介は白状します。

だから口止め料代わりに慰謝料の500万払って示談で済ませたいから貸してほしい。

土下座で頼む大介ですが健太達にも余裕はありません。

春菜おばさんが売ってしまったバラカを買い戻す為に、大金を使ってしまったからです。

だったら何処かから借金すればいい。

自分は銀行やカード会社からもこれ以上借入出来ないと打ち明けます。

何故借金がそれだけあるかというとフェラーリとポルシェのカイエンを所持しているのに、欲しくてまたフェラーリの最新モデルを買ってしまったからでした。

カイエンを売ってキャッシュバックを積める車がなくなってしまった・・・と言うもののフェラーリはお気に入りで売りたくないと大介。

今まで甘やかされて育ってきたお坊ちゃま特有の悩みに呆れる佐都。

しかし大介は諦めずにこう言います。

「深山家では跡取りが全て財産を受け取る仕組み」だと。

資産を分散させないように深山家は代々そのシステムを受け継いでいました。

それには条件があり一族の生活面は全て当主が見なければいけない決まりがあったのです。

開いた口が塞がらない佐都を尻目に大介は、500万でも1千万でも受け取る権利があると当然のように言ってきます。

その金は借金返済ではなくモナコで遊ぶ為に使うそうです。

「駄目だ!貸すことは出来ない!」

きっぱりと健太は断ります。

いくら当主には一族の面倒を見る責任があるとはいえ、努力もせず遊んでばかりいる人に貸すほど余裕はありません。

例えそれが実の弟でもです・・・。

自分の力で努力してそれでも駄目ならいくらでも力を貸してやる。

健太の返事にならばと恥もなく佐都に頼む大介。

しかし自分も同意見だと断るとリツコと離婚したのは佐都が勧めたからだと話します。

当の佐都は離婚を勧めたつもりはありません。

リツコと別れたいと相談したのは大介だからです。

そうだったなと軽く謝り大介はその場を後にしました。

本当に反省しているのか・・・取り返しのつかないことをするんじゃないかと佐都は不安になります。

跡取りになるということはだらしのない身内の面倒まで見なくちゃいけない・・・健太の覚悟を知り身を引き締めました。

着々と進む美保子の計画だが全て順調とはいかず問題が!?

そんな佐都達の苦労など知らない美保子はフランスのパリにいました。

ホテルに到着すると夫の携帯に金に困った大介から電話がありました。

はっきり断れない彼に代わり美保子はそんな余裕はないときっぱり断ります。

遊ぶ為に散財して返ってこないのが目に見えているからです。

何はともあれこれから向かうのは、美保子が大好きなホテルプラザアテナを建築したポール・モロー氏のオフィス。

以前健太達の事業でラ・タンのデザイナーのキャメル氏を取られたからその代わりです。

是非日本でホテルのデザインをしてほしいとモロー氏に頼むと、彼は幾つかの点で難色を示します。

敷地面積が700m2しかなく地方都市の福岡に、更にはホテルを手掛けたことがないのが理由です。

そんな彼に「予算は40億円ある」と話すと流石に顔色を変えました。

コストを気にせず作れる福岡のホテルは自分の作品になるからです。

そしてこのホテルを武器にホテルブランドのグループであるCLHグループ加盟を目指すことが目標になります。

小規模でラグジュアリーなホテルのなかでも最高級だと認められなければ加盟出来ないCLH。

日本ではまだ8軒しか通らない程厳しい審査に通れば、世界中の富裕層が注目します。

自らの手で新しい歴史を作れることに気付いたモロー氏はこの話に乗ることにしました。

喜ぶ夫妻ですが何故か部下達の表情は暗いまま・・・。

それに気付かないままホテルに戻る二人。

実はもう一人協力を打診したい人物がいました。

5年連続二ツ星を取ってるレストランソリマチのオーナーシェフ反町英太氏です。

福岡出身の英太氏は地元の食材を上手く取り入れている天才なのだとか。

しかし残念ながら彼にコンタクトを取っても忙しいと断られるばかり・・・とりあえず時期を改めるしかありません。

途方に暮れているとモナコを豪遊中の大介のInstagramを発見します。

そこには大介がマダムキノコ氏にパリのソリマチに誘われていることが書かれていました。

気になって調べてみると彼女は貿易会社社長で、周りにイケメン男子をはべらしていることが多いようです。

もし大介が彼女の誘いに乗るならチャンス!そう思った美保子は連続を取ります。

しかし大介はあの人には借りを作りたくないと言いました。

ならばと500万の借金を貸すこと持ちかけた美保子。

「俺にキリコさんのおもちゃになれって?」と気が乗らない返事をする大介。

美保子にとって彼のことなどどうでもいいのです。

最終的に佐都と健太を追い落とし、誰にも見下されない人生を歩めれば満足なのだから・・・。

大介の返事は如何に!?

 

やんごとなき一族最新話を無料で読むならU-NEXTがオススメです!

やんごとなき一族

今なら1巻まるごと無料で読むこともできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、やんごとなき一族最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
やんごとなき一族を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

やんごとなき一族33話佐都達を倒す為に考えた策略とは?の感想

うーん難しいですね・・・。

人間の嫉妬心や欲望には限界がないのかもしれませんが、美保子はどうしても日常に幸せが見出だせないようです。

世の中にはその日暮らしの人達も少なくありません。

なので自分達は恵まれているほうだと思えばそれで済んでしまいます。

しかし負けず嫌いな美保子は必ず一番じゃなきゃ嫌だと思っているんですね。

贅沢ばかりしてお兄さんに頼ってばかりの大介も問題ですが、それを利用しようとする美保子はどうかしています。

そんな悪知恵が働くなら自分達夫婦の為のことを考えればいいものを・・・。

泉にしても美保子の誘いに乗らずに自分の幸せを考えてほしいです。

はてさて美保子の暴走はもうしばらく止まりそうにありません。

次回はどんな展開になるか楽しみですね。

次回のやんごとなき一族34話が掲載される月刊Kiss10月号は8月25日に発売されます。

やんごとなき一族34話のネタバレはこちら

まんが王国で無料キャンペーン実施中!

まんが王国で人気作品が無料で読めるお得過ぎるキャンペーンを実施中です!

この機会に絶対無料登録!期間限定のお得情報はこちらから↓
まんが王国