漫画ネタバレ

屋根裏部屋の公爵夫人14話ネタバレ!動き出した領地改革

2021年4月5日配信のB’s LOG COMIC 2021 Apr.Vol.99掲載の「屋根裏部屋の公爵夫人」14話についてネタバレをまとめました。

屋根裏部屋の公爵夫人を無料で読む方法を徹底調査!

屋根裏部屋の公爵夫人を無料で読む方法を徹底調査!B's-LOG COMICSで連載中の「屋根裏部屋の公爵夫人」を無料で読む方法をまとめました。 屋根裏部屋の公爵夫人を無料で読むな...

ネタバレもいいけど漫画は絵で読んだ方が
100倍面白い!

\全巻無料でお試し読みはこちら/
今なら600円分無料ポイントGET!

U-NEXTで無料で漫画を読む

「屋根裏部屋の公爵夫人」14話ネタバレ

公爵領の領館の執務室を、オマーの働きによっては返すつもりでいる、と言うオパールの言葉の意味がわからない様子のオマー。

とはいえ、当面は自分が執務室の主人だけれども、と付け加えたオパールに、オマーは、主人はヒューバートだろう、と返します。

そのオマーの言葉に対してオパールは、ヒューバートがこの土地に来ないことはよく知っているはずだ、

オマーはそれを利用して賢く横領していたのだ、と言いました。

オマーはため息をついて、観念したように、自分は何をすれば良いのか、とオパールに尋ねました。

オパールは先ず、オマーとリンドを座らせます。

これから話す内容には、オマーとリンドの協力が不可欠になるからです。

リンドは、公爵家がオパールのものになったことも、全て領民のためとはいえ、

公爵家の権利を手に入れるためにヒューバートに書類へサインさせたことも、オマーがその手助けをしたことも何も知りません。

オパールは順を追って話し、何故オマーとリンドの協力が必要かと言うと、この領地を改革していくのが自分だからだ、

残念ながら、世間では自分が女ということで信用が得られないのだ、と説明しました。

それに対してリンドは、これはヒューバートが決めたことなのか、と、主人の判断を気にしています。

ヒューバートは今王都での生活で手一杯だけれども、今の生活が落ち着いたらこの土地にも目を向けてくれるはずだ、

それまで自分が預かることになったのだ、

だからこそオマーとリンドの協力が必要なのだ、

と返すオパール。

領地の改革など一体どうやってやるのか、と疑心暗鬼なオマーの問いかけに、オパールは、

自分には知識しかないから、経験はオマーに補ってほしい、

リンドには領館の改革のようなことをしてほしい、具体的には、

屋敷の手入れが必要な箇所を洗い出して予算と一緒にリストにして報告すること、

領地改革の円滑な進行のために不可欠な、一帯の影響力のある人物の名簿を作成することだ、

と伝えました。

それを聞いたリンドは、目を輝かせて、すぐにでも取り掛かれる、と言って、

それでは今から取り掛かるように、というオパールの指示の下、執務室から出て行ったのでした。

なんとも頼もしい様子でしたが、これまでが暇すぎた故に、リンドは刺激が嬉しいようです。

執務室ではオパールとオマーが土地改革の問題を話し合います。

オパールは、オマーはどこが問題だと思うのか、自分のしたことは棚に上げていいので問題点をあげてほしい、とオマーに問いかけました。

するとオマーは、最大の問題は資金だ、

この公爵領は気候も土壌もいいのに、資金がないので農民達は古いやり方でしか働くことができない、

他の領地が新しい農具で生産性を上げている中では競争にもならない、なので第一に資金力が問題である、と言います。

オパールがその先を促すと、

第二は家畜の問題である、

飼育に必要な飼料が購入出来ず、家畜が冬を越せないために数が少ない、

労働力の高い農耕馬の方が必要になるので、春に生まれた子牛や子羊は必要数以外は手放している、

とオマーは続けました。

オパールが、牛や羊は食料にもなるはずだ、と指摘しますが、オマーは、

生活に必要な馬を失ってまで作る肉ではない、だからこそ今は密猟が横行しているのだ、と言い掛けて口を黙ました。

密猟、と言う言葉を聞いたオパールは、ため息をついて、それには別で対策が必要だ、と、自身の見解を述べました。

森での狩猟を行うのは、領主か、領主が認めたものでなければならず、その法律を犯した者への処罰は領主の裁量に任せられます。

それはつまり、密猟を見逃したことが世間に知られれば、公爵本人が規律を犯した、と見なされてしまうのです。

そこでオパールは、密猟の件は、法の抜け道を見つける、改革が成功すれば、いずれ密猟の必要もなくなるはずだ、と決めました。

そうしてオパールは、5年以内に農作物生産量を2倍以上にすること、家畜の数は今より3倍以上に増やすことを宣言しました。

それを聞いたオマーは、自分が言うのもなんだが、公爵領には資金がない、資金がなければ動きようがない、莫大な資金だ、と意見します。

しかしオパールは、持参金とは別に自分の私財からかなりの額を用意できる、しかも、父がこの土地の可能性に出資してくれる、と約束してくれた、

かなり大きく動けるようになる、と返します。

それならば改革ができるかもしれない、と思い直してくれたオマーに対してオパールは、

ヒューバートが自分のような身持ちの悪い女と結婚したのは、お金があるからなのだ、と言いますが、それに対してオマーは、

自分は、オパールが噂通りの女性だとは思わない、と言ってくれるのでした。

そんなオマーの言葉にオパールは、ありがとう、とお礼を言い、

先ずは自分の計画を聞いてほしい、とオマーに話を続けるのでしたー。

屋根裏部屋の公爵夫人を無料で読む方法を徹底調査!

屋根裏部屋の公爵夫人を無料で読む方法を徹底調査!B's-LOG COMICSで連載中の「屋根裏部屋の公爵夫人」を無料で読む方法をまとめました。 屋根裏部屋の公爵夫人を無料で読むな...
ネタバレもいいけど漫画は絵で読んだ方が
100倍面白い!

\1万7000冊以上まるごと無料!/

初回登録50%OFFクーポンで有料作品も
半額
で読めます!

bookliveで半額で漫画を読む

「屋根裏部屋の公爵夫人」14話感想

横領を見破ったオパールの改革がついに始まりました。

これからオパールは、どんな風に領地改革に立ち向かっていくのでしょう?!

次回の「屋根裏部屋の公爵夫人」15話が掲載されるB’s LOG COMIC 2021 May.Vol.100は5月5日配信です。

「屋根裏部屋の公爵夫人」15話のネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍