漫画ネタバレ

優しいあなたを守る方法22話ネタバレ!幸せな気持ち

優しいあなたを守る方法22話のネタバレをまとめました。

[前回のあらすじ]
半年後に自分と離婚して欲しいとお願いするレティシャ。

その提案にショックを受けるディトリアンにもう1つ、初夜に向けて自分に触れる練習をしたいとレティシャは提案します。

提案の裏にはディトリアンに触れたいというレティシャの気持ちがありました。

公国ではレティシャの義母にあたるマノがディトリアンとレティシャの帰りを待っていました。

優しいあなたを守る方法21話ネタバレはこちら

優しいあなたを守る方法22話ネタバレ

マノはずっと従者をディトリアンと勘違いしています。

レティシャに話し掛けるようにあの子はあなたが大好きだから大丈夫と笑顔を向けています。

このままではと思い、ディトリアンと勘違いをしているマノにお子さんは長旅で疲れていると言います。

そして、マノを抱きかかえて部屋へと連れて行きます。

部屋に戻ると従者はベッドに横になるマノにマノの大好きな童話を読んであげます。

真剣に聞き入っている…と思ったのもつかの間、ムニャムニャと子どものように目をこすり始めたマノを見て、眠たいんだなぁと思います。

すると、従者は童話を止め、子守唄を歌い始めます。

本当の子どもの寝かしつけのようです。

しかしマノは眠気を耐え、寝るのはもったいない、せっかく会えたのにと起きようとしています。

マノの中では童話を読み、子守唄を歌う従者はレティシャに見えています。

夢見心地でこんなに愛らしい子が息子のお嫁さんだなんて、私の可愛いレティシャと何度も呼んでいます。

レティシャはディトリアンと外で会った後、部屋に戻り幸せな気分で枕に顔を伏せます。

ドキドキしながら、勇気を出して良かったと幸せで満たされた気持ちです。

ディトリアンが優しいから頭の中で花火が上がった気分だったと、先の出来事を振り返っています。

何度も重ねた唇に思わず力が抜けてしまったこと。

フラついたレティシャを受け止め心配そうに苦しかったと聞くディトリアン。

そんなディトリアンによすぎて気を失いそうだったと言うと、ディトリアンは赤面し、その後ははっと笑ってしまいます。

思い出しては恥ずかしくなり、枕に顔を埋めます。

そして、ディトリアンからキスしてくれるなんて、過去には考えられなかったと思います。

以前は触れることはおろか、近付くことすら難しかったのです。

きっかけは初夜での出来事です。

レティシャに許可なく触れない、嫌がることはしないと言うディトリアンにレティシャは油断できないと身構えます。

そんなレティシャに身構えないで下さいと距離を縮めると、レティシャは驚いて叫んでしまいます。

その声を聞いた神官たちが2人の部屋に入り、ディトリアンを口々に攻め立てます。

ディトリアンは悪くないのに、言い訳もせずずっと頭を下げていました。

その日以来ディトリアンは一切レティシャに触れようとはせず、寝室でも一定の距離を保っていたのです。

レティシャは表向きは礼儀正しくても、本当は自分のことを憎んでいるのではないかと思って過ごしてきます。

キスも一度きりでした。

そうだった…ディトリアンは私を憎んでいるのに、とレティシャは夢見心地だった頭が冷めます。

以前の態度との落差で勘違いするところだったと思います。

今日のディトリアンはとても優しく、まるで愛されているように感じました。

そんなわけないのに、とレティシャは手を握りしめます。

でも、今日は幸せだったから、いい思い出ができた、あと半年この幸せがつづけばいいのに、と心の中で願います。

そう思うと思わず目からは涙が溢れ出てきます。

その頃ノエルは神官から使節団の護衛をアフィンと共に行うよう言われます。

自分は公国にレティシャと一緒に行けないと思っていたノエルはここ数日ずっと抜け殻のようになっていました。

ここに来て、ノエルも護衛にと言われ嬉しくてたまらなくなります。

そして、その嬉しさをレティシャに伝えようと部屋を飛び出します。

優しいあなたを守る方法22話感想

ディトリアンの愛がなかなかレティシャに伝わらないけど、ちょっと背中を押したら愛されてると思えそうなもどかしい距離です。

枕に顔を埋めるレティシャが可愛かったです。

この触る練習をたくさん、たくさんして愛してると思える時間が増えたらいいなぁと思いました。

そして、最後にノエルが一緒に公国に行くのは幸と出るのでしょうか?レティシャもノエルもディトリアンも不利になることがないといいなぁと思います。

優しいあなたを守る方法23話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍