漫画ネタバレ

よふかしのうた42話ネタバレ!ナズナの行動にコウが興奮!?

2020年7月22日発売の週刊少年サンデー34号掲載の「よふかしのうた」のネタバレについてまとめました。

よふかしのうた最新話を無料で読む方法は?

よふかしのうた最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、よふかしのうた最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
よふかしのうた最新話を読む

【前回のあらすじ】

突然マヒルから呼び出され、夜中に花屋の配達に付き合わされることになったコウ。

そこでマヒルは、コウに吸血鬼になって何がしたいのかと問いかけました。

しかしコウは戸惑うばかりでその質問に答えることが出来ず、ナズナの元に駆け込むのでした。

よふかしのうた41話ネタバレはこちら

よふかしのうた42話ネタバレ

ナズナの提案でコウの家に行くことになりました。

コウはナズナを扉の外で待たせて先に家に入り、誰もいないことを確認します。

すると机の上に「飯代」と書かれたメモと千円札が1枚置いてありました。

それを手に取り、ポケットに突っ込むコウ。

そして部屋の中からナズナに、入ってきていいよと声をかけます。

しかしナズナが入ってくる気配はありません。

コウが扉を開けると、ナズナは何とも言えない表情でコウを見つめます。

どうしたのとコウが聞くと、ナズナは吸血鬼は勝手に人の家に上がれないので、招いてもらわないといけないという伝説があると話し始めます。

しかし伝説は伝説で本当は普通に入れるんだけどねと言いながら、コウの部屋に駆け込むナズナ。

コウは何だったのかと首をかしげました。

 

そしてコウの部屋に入ったナズナは、机の引き出しや棚やベッドの下を物色し始めました。

どうやら中学生男子の部屋なのでエロ本があると思っているようです。

しかし見つからず「妙だな」と首をかしげるナズナに、コウは見つからないんじゃなくてないんだと言います。

ちなみにコウの母親は仕事に行っており、父親は離婚しているのでいないとのこと。

そしてナズナはしみじみ部屋を見回し、面白みのない部屋だなと感想を言いました。

コウにとっては小学生の頃アキラが来たことはありますが、中学に上がってからは女が部屋に来たのは初めてのこと。

しかもナズナはわざわざベッドに座っており、何でそこ?とソワソワするコウ。

そんなコウの気も知らず、ナズナは構わずベッドでゴロゴロします。

するとナズナは突然ベッドから起き上がり、どうした?やっぱり気が変わったか?とコウに尋ねました。

ナズナはコウが血を吸わない吸血鬼の存在や、友達、吸血鬼を探せる探偵のことで悩んでいることに気づいていました。

普通なら悩まず、吸血鬼を諦めて友達を取るだろうというナズナ。

そんなナズナにコウは友達のマヒルに、なぜ吸血鬼になりたいか聞かれたと話し始めます。

コウはそれについて悩みましたが、夜が好きだからだと言います。

夜は自由で違う世界のようで、違う人になれるから好きなのだとか。

しかし最近は楽しいだけじゃないことも知りました。

それでもコウ自身はよかったのですが、友達に実害があるなら嫌だと言います。

よくよく考えれば今のままでも楽しいというコウ。

そもそもナズナも積極的にコウを眷属にしようとは思ってないので、吸血鬼にならなくてもいいとコウは言いかけますが、ナズナの寂しそうに微笑む顔を見て言葉に詰まりました。

するとナズナはコウの悩みを後押ししてやると話し始めます。

コウは夜を楽しいと感じたのは自由だからと言いましたが、もっと言うならその日常が「非日常」だからだというナズナ。

コウの日常は「昼」や「学校」、それに対して非日常の「夜」はとても刺激的だっただろうと言います。

しかしナズナはコウに今最初に出た夜と同等、もしくはそれ以上の刺激を感じているのか、今の楽しさはすでに日常化しているのではないかと問いかけます。

そしてナズナは非日常なんてものは長くは続かない、吸血鬼なんて退屈なだけだと言い、嘘をついててごめんと謝りました。

吸血鬼になって何十年と経ったナズナですが、退屈でしかなく薄い毎日を時間が過ぎるのを待っているだけなのだとか。

そんなナズナに、なぜ自分には楽しいことだけ教えようとしたのかとコウは尋ねます。

するとナズナは何でだろうと考えながら、自分がそうありたかったんじゃないかと答えました。

そしてナズナは今すぐ答えを出すのは無理だろうから一旦帰ると言って家を出ていこうとしますが、コウは慌てて「ちょっと待って!」と言いながら立ち上がり、勢い余ってナズナをベッドに押し倒してしまいました。

何?と笑みを浮かべるナズナに、コウは「ご、ごめん!ちがくて、その・・・」と慌てます。

そんなコウの唇を触り始めるナズナ。

そしてナズナはコウにゆっくり顔を近づけていきます。

コウはこれでいいのか、友達じゃないのかとドキドキしていますが、ナズナはコウにキスをせずに耳元に顔を近づけて言いました。

「チューされると思った?」

そんなナズナの言葉に、違うのかよと心の中で突っ込むコウ。

しかしその後ナズナは血を吸うわけでもなく、コウの首筋にある傷跡を少し舐めて帰っていきました。

コウはそんなナズナの思わぬ行動に、興奮してしまいました。

 

よふかしのうた最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、よふかしのうた最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
よふかしのうた最新話を読む

よふかしのうた42話感想

ナズナはコウの言葉に何を感じたのでしょうか。

意味深な表情や言動がありましたが、今後どんな展開になるのか楽しみです!

次回のよふかしのうた43話が掲載される週刊少年サンデー35号は7月29日に発売されます。

よふかしのうた43話ネタバレはこちら

まんが王国で無料キャンペーン実施中!

まんが王国で人気作品が無料で読めるお得過ぎるキャンペーンを実施中です!

この機会に絶対無料登録!期間限定のお得情報はこちらから↓
まんが王国