漫画ネタバレ

夜の下で待ち合わせ1話ネタバレ!初めての友達

令和3年2月13日発売の月刊フレンド3月号掲載の「夜の下で待ち合わせ」についてネタバレをまとめました。

ネタバレもいいけど漫画は絵で読んだ方が
100倍面白い!

\月額ポイント全額返還あり/
半額クーポンもらえる

コミックシーモアで漫画を読む

夜の下で待ち合わせ1話ネタバレ!初めての友達

あの美化委員の立派な苗字だったような、漢字三文字系の、と生徒は話しています。

溜めらいながらスマホを眺めるその子に伊集院さん!と声を掛けます。

短いカットボブに少しツリ目のその子は声の方に顔を向けます。

じゃあね!と去る生徒に私の名前は伊集院ではないと思います。

下校中では西園寺さんと言われ、高校に入学して数日たったけど、誰も私の名前を覚えていない私も必要以上に会話もしていないしなと思いながら歩きます。

すると、一之瀬さん!古賀君と同じ中学だよね、と声をかけられます。

後ずさりしながらも殆ど話したことないから分かんないと答え目を背けます。

女の子はありがとう!と言ったあと古賀君!と男の子を追いかけます。

今一之瀬さんと話してたの!と言うその女の子に古賀君は目を丸くします。

そして、一之瀬って誰だ?と首をかしげるのでした。

その頃、中学の時もそうだった、誰からも認知されてなかったけど困ったこともなかったから別にいい、と彼女は帰って行ったのでした。

午前3時、薄暗い土手にいた彼女は一人って最高!と満面の笑みを浮かべていました。

猫のようにほわぁと笑い私一人の世界だ!人と関わるのは苦手、一人のほうが気楽でいいと一息つきます。

スマホを取り出し、黒柴タロのチャンネルを見ながら今回の推し犬かわいい!この時間が永遠に続けばいいのに、と笑います。

すると突然こんばんは!と言う声に驚いた彼女は驚きその拍子に土手を転がってしまいます。

あ、大丈夫ですか?と言う声のほうを見上げるとそこには古賀君が立っていました。

そしてあなたは地球の方ですね?ここでなにをしているんですか?と話かけてきます。

彼女は戸惑いながらも散歩を、と答えます。

散歩良いね!地球の文化の一つです!と言いながら古賀君は自己紹介がまだだった!と言いますが聞き取れません。

こっちの言語では話せないのか、と喉を抑える古賀君にさっきいからいったい何を?と彼女は聞きます。

すると僕は別の星から来た平たく言うと宇宙人です!と言うのでした。

目を大きく見開き、呆然と見つめる彼女に古賀君は笑いながらジョークを言います。

その瞬間彼女は青ざめ、古賀君は物静かでこんなキャラじゃないはずと彼を見つめます。

その間も彼はこの体は少年が寝てる間に借りてる、と説明しています。

驚く彼女に僕と友達になってください!と手を差出します。

後ずさりし怖がる彼女に待って!夜道は危ないのそうなので僕が明るくします!と言うのでした。

は?と彼女が首をかしげるとカッと古賀君は発光したのでした。

更に驚く彼女になんか出来た、と彼は頭を掻き、僕宇宙人なんで!と笑いかけます。

そっか、じゃあねと去って行く彼女にお気をつけて!と土手で膝を抱えたまま彼はまだ発光しているのでした。

翌日の学校では眠そうな古賀君の姿を少し離れた物陰に隠れながら彼女は彼をジーと見つめ、古賀君が通常運転であることを確認します。

あれはなんだったんだと腕を組み考えます。

するとカンッと大きな音が後ろで鳴り、ビクッと驚きます。

空き缶が転がって行きますが生徒は外したと言いながら去って行ってしまいます。

一応美化委員だし、とスッと拾って片付けた彼女はフーと顔の汗を腕で拭いながら達成感に満ちた顔をしています。

そして、昨日のことは悪夢ってことによう、とその場を立ち去ろうすると、またゴミが放置され怒りながらも拾いに向かいます。

するとそれを古賀君は拾い捨て、彼女にゴミ片付けてるの?と聞きます。

しかし古賀君の周りにいた女の子達が偉い!みんな見て見ぬフリしてる場所なのに!と集まってきました。

囲まれた古賀君をよそに彼女は何も言わずその場を後にしながら、彼は目立とうとするタイプじゃないけど自然に人が寄ってくる、本物の宇宙人だったとしてもきっとそれは変わらないと思います。

そして、よく考えたら私が気にする必要ないと思うのでした。

真っ暗な深夜、と思いつつも来てしまった!とだって気になる!と彼女は昨日の土手を見渡しますが彼はいません。

まぁいいや一人の世界を楽しもうと彼女が座るとカッと音がするのでした。

目線を向けると発光した古賀君の姿があり、出た―!と思いながら見つめていると、こんばんは!と古賀君は笑います。

そして、昨日の件はどうでしたか?と聞く彼に本当に宇宙人なの?と聞きます。

彼は僕は身体を借りてるだけ、光るのはオプションだと真剣な顔で答え、もしかして僕は怖いですか?と聞き、彼女戸惑います。

その姿に彼は下を見つめ、確かに地球人とは違うけど仲良くなれたらいいなって思ってると話します。

でも怖がらせてごめんと頭を下げる彼に彼女は慌てて勝手に怖がっただけ!と言います。

古賀君は何も悪くない、という彼女に彼は笑いかけながら僕は古賀君じゃないですと呟きます。

ハッとした彼女は日頃の自分のことを思い出し顔をしかめ、ごめんっと言います。

驚いた顔の彼に慌てて名前を聞くもやっぱり聞き取れず肩を落とす彼に、あだ名をつけよう!と言います。

つけてくれるんですか!?と彼は嬉しそうにしています。

ワクワクしている彼にプレッシャーを感じながらもチロちゃん!と拳を握りながら提案します。

すると僕に名前ができました、と笑いかけお礼を言うのでした。

そんな彼から視点を外した彼女に驚き、また怖がらせましたか?と聞きます。

なんか羨ましいなって、私の名前はどこにもないからと彼女は下を向きます。

気にしないようにしていたのに名前と同じように存在もどこにもないって彼女は思います。

すると、チロちゃんは僕はあなたの名前を知っていますと言います。

目を開く彼女にニッコリとほほ笑み、あなたは二階堂都さんですよねと言うのでした。

なんで!?と言う都に宇宙人だから?と答えます。

適当じゃんと都が言うと、あなたの名前も存在もここにあるんですと言います。

都を真っ直ぐ見つめながら僕はあなたが良い人だって知ってるから声をかけたと話します。

手を差出し、改めて僕と友達になってくださいと笑いかけます。

そんなチロちゃんの手を都は握るとこくんと頷き、嬉しさのあまりチロちゃんは抱きついてしまうのでした。

ぴえー!!と大声を出した都にチロちゃんは驚き、地球の文化じゃないのか!と言いながらもチロちゃんは空を見上げます。

夜と朝が混ざって綺麗と言うチロちゃんに都はそうだね、と言いながら空を見つめるのでした。

翌朝、いつも通りの古賀君に安心していると五十嵐さん!と声をかけられます。

またか、でもこの違和感いつもと違うと都は思い、要件を言い去って行く生徒の後ろで違う、と小さな声で言います。

しかし相手の反応はなく古賀君に声をかけています。

聞こえてないと都が下を見ていると、二階堂さんでしょと古賀君は言い都の方に振り向きます。

慌てて謝る生徒と驚く都は古賀君を見つめます。

そして小声でチロちゃん?と言います。

すると、古賀君は振り向きニヤリと笑うのでした。

 

夜の下で待ち合わせ1話ネタバレ!初めての友達感想

盛り沢山な展開に1話でありながら続きが気になります!

次回の夜の下で待ち合わせが掲載される別冊フレンド4月号は3月13日発売です。

「夜の下で待ち合わせ2話のネタバレはこちら」

ネタバレもいいけど漫画は絵で読んだ方が
100倍面白い!

\1万7000冊以上まるごと無料!/

初回登録50%OFFクーポンで有料作品も
半額
で読めます!

bookliveで半額で漫画を読む

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍