漫画ネタバレ

弱虫ペダル598話ネタバレ!坂道の正体が明かされる!?

2020年7月9日発売の週刊少年チャンピオン32号掲載の「弱虫ペダル」のネタバレについてまとめました。

弱虫ペダル最新話を無料で読む方法は?

弱虫ペダル最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、弱虫ペダル最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
弱虫ペダル最新話を読む

【前回のあらすじ】

坂道が見つけた一筋の希望「名前のないエリア」。

そこで坂道は壱藤に追いつくため、全力でペダルを回し猛追します。

その頃、ゴール前では高校MTB界のトップ2である雉と吉丸が待ち構えていました。

弱虫ペダル597話ネタバレはこちら

弱虫ペダル598話ネタバレ

ゴール前で待つ雉と吉丸は、最後のコーナーを曲がってくるのが坂道と壱藤のどちらか予想していました。

周りの観客たちがMTBトップ2の2人が並んでいることにざわつく中、雉は壱藤が来ると予想します。

それを聞いた吉丸は、自分でバイクまで貸したのだから少しはロードくんの肩を持てと突っ込みますが、雉はあくまで”あのコーナーを曲がって出てくるのは”ってだけだと話します。

つまり先にゴールするのは、まだどちらか分からないという雉。

あのコーナーからゴールラインまで距離は180メートル。

ほぼ直線で小さなアップダウンが一つあります。

たった180メートルですが、考え方を変えれば180メートル”も”あるという雉。

差がついていても諦めなければ追いつくかもしれませんが、その一方でコーナーを曲がってきた時点で両者に挽回できないほどの距離が開いていれば、さすがにどんなに頑張っても意味がないと言います。

したがって2人が見えてからしか予想はできないと雉は言いました。

すると吉丸は壱藤も雉にとっては「弟子」なので、悩ましいのではないかと話します。

雉をリスペクトしている小うるさいうまい奴がいるとフィールドで噂になっているようで、レースのイロハを叩き込んだのかと尋ねる吉丸。

しかし雉は、壱藤は弟子ではないと否定しました。

フィールドでMTBの話をよくしており、レースのことを教えてほしいと何度も頼まれたようですが、何も教えていないようです。

雉は壱藤について上手いし、よく真似るし努力もしていて、センスもあって上達も早いと言います。

しかしそれはフィールド上でのこと。

レースにはレースの時にだけ出せる限界値があります。

レースという極限の状態の中で自分の中から生まれるもう一つの自分。

胸の中の「真実の姿」というのがあると雉は言いました。

もちろん素のままの人もいるようですが、壱藤の本当の姿を雉は見たことがないので出来るアドバイスもないのだとか。

しかしそれがむき出しになるのが、このゴール前なのです。

 

その時、壱藤が最終コーナーを曲がって単独でゴールストレートに入りました。

残りは180メートル。

壱藤は激しく息を切らしながら、必死に自転車をこぎます。

咳をすると血の味がしました。

それでも絶対に追いつかせないと猛スピードでゴールへ向かう壱藤。

その時、坂道も最終コーナーを曲がりゴールストレートに入りました。

壱藤との差は30メートル。

残り180メートルで30メートル差ですが、この差は小さくありません。

壱藤はもう残り150メートル地点を走っています。

それでも「大丈夫」と自分に言い聞かせる坂道。

まだ可能性は残っていると諦めずに懸命に自転車をこぎました。

回ってくれと自分の足に言い聞かせました。

坂道はゴールまで残り150メートル、そして壱藤は残り120メートルです。

 

そんな2人の姿を雉と吉丸も確認しました。

その差を見た吉丸は正直難しいと話し、雉も同意します。

その時「何言ってんのよ!!」といいながら、鈴音がやってきました。

鈴音は坂道を応援すると言っていますが、あの差は難しいのが自分たちにはわかるという吉丸。

しかし鈴音はあいつならきっとやると自信満々に言い切ります。

なぜなら坂道は、インターハイロードレースを2度優勝しているのだと鈴音は明かしました。

それを聞いた吉丸と雉は驚きの声を上げます。

雉はロードでも同い年で2連覇したやつがいると聞いてはいましたが、それが坂道だったことを初めて知り、バイクにまたがったときの目はそういうことかと感じました。

さらに鈴音は雑誌によれば、坂道は登りが得意だと書いてあったと言います。

そんな中、坂道は壱藤の背中を追って小さな登りに入るのでした。

 

弱虫ペダル最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、弱虫ペダル最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
弱虫ペダル最新話を読む

弱虫ペダル598話感想

坂道と壱藤の差は縮まってきているようですが、残りの距離が短いので追いつけるかどうかは分かりませんね。

そろそろ決着がつくと思いますが、どんな結果になるのか楽しみです!

次回の弱虫ペダル599話が掲載される週刊少年チャンピオン33号は7月16日に発売されます。

弱虫ペダル599話ネタバレはこちら

まんが王国で無料キャンペーン実施中!

まんが王国で人気作品が無料で読めるお得過ぎるキャンペーンを実施中です!

この機会に絶対無料登録!期間限定のお得情報はこちらから↓
まんが王国