漫画ネタバレ

弱虫ペダル601話ネタバレ!悔し泣きする壱藤

2020年7月30日発売の週刊少年チャンピオン35号掲載の「弱虫ペダル」のネタバレについてまとめました。

弱虫ペダル最新話を無料で読む方法は?

弱虫ペダル最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、弱虫ペダル最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
弱虫ペダル最新話を読む

【前回のあらすじ】

MTB初心者レースで坂道VS壱藤のゴール前最後のスプリングバトルが行われました。

互いに譲れぬ想いを胸に死力を尽くして走り続けた結果、わずかな差で勝ったのは坂道でした。

弱虫ペダル600話ネタバレはこちら

弱虫ペダル601話ネタバレ

初心者クラスで死力を尽くして、ぶつかり合った2人。

激闘を制して優勝を手にしたのは坂道でした。

残り数メートルのライン際での逆転劇に、観客たちは盛り上がっています。

坂道は観客の「抜き返した」という声や、アナウンスで自分の名前が呼ばれた気がしたことで、自分が勝利したことに気づき、ホッとしていました。

諦めなくてよかった、このバイクに「キズ」がつかなくてよかった、無事届けられてよかったと感じる坂道。

次の瞬間、力尽きた坂道はふらついて自転車から転げ落ち、茂みにダイブしてしまいました。

疲労により立ち上がることができず、大の字で寝転んだまま動けない坂道。

足は痙攣し、手もしびれていました。

しかし見上げるとそこには木陰と空があり、心臓の音が聞こえ、手足もしびれて土の上に転がっている、この感じはとても”MTB”という感じだと思いながら、坂道は満足げに笑みを浮かべました。

すると坂道の元に観客が駆け寄り、手を貸して起き上がらせてくれました。

 

その一方で壱藤は負けたことを受け入れられずにいました。

優勝者として坂道の名前がアナウンスされても、ちがうと首を横に振ります。

吉丸や鈴音が坂道の元に駆け寄り祝福している姿を見て、その称賛の声は自分のものだと感じる壱藤。

壱藤が最後に振り返ったとき、坂道はまだ後ろにいました。

そのため壱藤は勝ちを確信して手を挙げ、ガッツポーズしたのです。

諦めきれない壱藤は坂道に向かって、もう1回今からやり直そう!と叫びました。

自分は華々しくデビューするはずだった、初レースで初優勝するはずだったという壱藤。

ゴール前からもう一度やり直そうと懇願します。

そんな壱藤の前に、雉が現れました。

すると壱藤は雉に「手ぇ挙げなかったら俺の勝ちでしたよね!?」と聞きます。

「ああ、たぶん」と雉が答えると、やっぱり自分の勝ちだと笑う壱藤。

壱藤の様子を坂道はキョトンとしながら見つめていました。

すると壱藤は悔しそうに拳を握り、涙を流し始めます。

そんな壱藤の肩を叩きながら、その心の動きも含めてすべてがレースなんだと諭す雉。

今日初めて壱藤のレースを見た雉は、強い心を持っていて勝ちへの衝動が伝わる良いレースだったと讃えます。

そして次にレースについて聞いて来たら、色々教えてあげると言いながら立ち去っていきました。

それを聞いた壱藤は慌てて自転車から降りて、「はい!よろしくお願いしゃす!!」と頭を下げました。

そんな彼らのやり取りを見ていた吉丸は、結局弟子にしやがったとつぶやくのでした。

 

そして選手が全員ゴールした後、初心者クラスの表彰式が始まりました。

2,3位がガッツポーズをする中、真ん中に立つ坂道は緊張の面持ちでペコペコと頭を下げています。

すると壱藤が突然坂道の腕をつかみ、手をあげさせました。

その瞬間、観客から歓声が上がります。

真ん中がシャンとしてないと自分たちも映えないという壱藤に、坂道はお礼を言いました。

 

そんな中、坂道が逆転すると信じていた鈴音は、満足げな様子で表彰台に向かって拍手を送っていました。

そして9月にある埼玉、白石山の2連戦が楽しみだという鈴音。

さらに坂道が9月までにMTBを買うのかどうするのかという鈴音に対し、吉丸は言葉に詰まりました。

 

一方坂道は壱藤にレースの上位2人は上のカテゴリーで、走る資格がもらえると説明を受けていました。

カテゴリーとは簡単に言うとクラス分けのことで、レースで上位2人ずつが上がっていけるシステムとなっており、1番上には雉と吉丸がいるカテゴリーがあります。

そして壱藤は次のレースは9月の埼玉で、リベンジレースだと闘志を燃やします。

それまでに超練習すると張り切る壱藤ですが、坂道は次のレースと聞いて戸惑っていました。

 

弱虫ペダル最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、弱虫ペダル最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
弱虫ペダル最新話を読む

弱虫ペダル601話感想

一瞬の隙に逆転されたことで負けたことを受け止められず、悔し泣きする壱藤に少し同情しました。

しかしあまり多くは語らずに壱藤を元気づけて、サッと立ち去る雉がカッコよかったです。

優勝したにもかかわらず、頭を下げ続ける謙虚な坂道にも癒されました。

最後は坂道が戸惑っている様子でしたが、何を思っていたのでしょうか。

次はどんな展開になるのか楽しみです!

次回の弱虫ペダル602話が掲載される週刊少年チャンピオン36・37号は8月6日に発売されます。

弱虫ペダル602話ネタバレはこちら

まんが王国で無料キャンペーン実施中!

まんが王国で人気作品が無料で読めるお得過ぎるキャンペーンを実施中です!

この機会に絶対無料登録!期間限定のお得情報はこちらから↓
まんが王国