漫画ネタバレ

弱虫ペダル609話ネタバレ!坂道キャプテン誕生の知らせに真波が動き出す!

2020年10月1日発売の週刊少年チャンピオン44号掲載の「弱虫ペダル」のネタバレについてまとめました。

弱虫ペダルを無料で読む方法は?

今ならまんが王国にて期間限定で「弱虫ペダル」の1巻と2巻と3巻を無料で読むことができます。

弱虫ペダル

通常価格400ptがなんと無料で読めるこの機会にぜひ試し読みしてみてください!

また4巻以降も会員登録でもらえる半額クーポンでお得に読むことができますので、ぜひ活用してください!

今すぐまんが王国に登録して
弱虫ペダルを読む

まんが王国
まんが王国の特徴とメリット・デメリット!アプリ評判や退会方法まで紹介人気の電子書籍漫画配信サービス「まんが王国」の特徴とメリット・デメリット、アプリ評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

弱虫ペダル最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

弱虫ペダル

今なら1巻〜3巻まで無料で読むことができます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、弱虫ペダル最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
弱虫ペダル最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

 

【前回のあらすじ】

泉田から次の箱根学園のキャプテンに任命された真波。

その練習初日、1年生たちは真波のキャプテンに納得できないようでしたが、頑張れば誰にでもチャンスをやるという真波の言葉にやる気を出します。

しかし登りになった途端、真波はグングン加速し、1年生を置いてけぼりにしてしまいました。

そんな真波に高田城は1年生のことを考えてやれと注意しつつ、「それこそ俺が見たかったお前の姿だ」と伝えるのでした。

弱虫ペダル608話ネタバレはこちら

弱虫ペダル609話ネタバレ

高田城はキャプテン真波、副キャプテン銅橋以外で、次の世代の箱根学園の中心人物として選ばれた3人目の男でした。

そんな中、銅橋は登りになった途端、一人で突っ走っていってしまった真波に対し不満を露わにします。

1年生は真波についていけずバラバラとなってしまい、どうかしてると吐き捨てる銅橋。

しかし高田城はアイツなりにちゃんと考えてるんじゃないかと言います。

「あのペースでカッ飛んでいったということはさ」

そう言って前を指す高田城。

銅橋や新開が前に注目すると、真波が山道を下ってきました。

真波はすれ違いざまに銅橋たちに意気揚々と挨拶します。

キャプテン初日なのに帰るのかと慌てる銅橋ですが、多分違うと否定する高田城。

この登りはキツイものの短いので、もうすでに真波は峠の上にたどり着いてこれから2本目を登るつもりだと言います。

一同が驚く中、真波は坂を下りながら、追いかけるから上で待っててと部員たちに声をかけています。

みんなに合わせて峠を2本登ろうとしている真波に「これだからクライマーってのは!!」と呆れる銅橋。

しかし同じクライマーの新開は、自分なら上でゆっくり待つと言い、銅橋は真波がどうかしてるってわけかと笑いました。

すると新開は高田城に「よくわかりましたね。真波さんのこと」と声をかけます。

そんな新開に、こいつは真波のことは何でもわかるのだという銅橋。

真波にとって高田城は救世主なのだと話します。

それを聞いた新開はインターハイの時、高田城が帯同して色々動いてくれていたことを思い出し、その時の特別なエピソードが何かあるのかと聞きます。

しかしインターハイは関係ないと全力で否定する高田城。

嘘を教えようとするなと高田城は銅橋に文句を言いますが、銅橋は救世主と呼ばれてるのは本当だろうがと笑います。

 

銅橋によると新開が入学してくる前のこと。

真波は遅刻と寝坊で進級が厳しい状況でした。

そんな時、高田城が真波にノートを貸したのです。

「何で学年1位の高田城くんが俺に・・・?」と疑問を浮かべる真波に、高田城はインターハイでの真波の頑張りをみて同じ1年生として刺激をもらったと言います。

しかしその傷がまだ癒えていないんじゃないかという高田城。

自分にできるのはこれくらいしかなく、進級につまずいてほしくないので、また何かあったら言ってくれと告げました。

そんな高田城の言葉を受けた真波は、その時彼が同じ部活だったことを初めて知り、便利な知り合いができた、救世主だと内心喜んでいました。

 

このことは真波自身が後に高田城や銅橋たちに話したようですが、高田城は同じ部活だと知られてなかったことに落ち込んだようです。

そのノートが真波を2年に押し上げたため、伝説のノート”高田城ノート”と呼ばれているのだとか。

新開が高田城に「超頭いいんすか!?」と興奮気味に聞くと、高田城は勉強は簡単で先生が言ってることを理解して覚えればいいのだと、ドヤ顔でキッパリと言います。

そんな高田城の言葉に、嫌な感じだとドン引きする銅橋と新開。

すると高田城は自分に言わせればロードレースの方が難しいと話し始めます。

ロードレースは大人数で戦況に合わせてプランを変えながら、不確定要素を織り交ぜて体の限界の中で戦います。

そこには何の教科書もありませんが、それゆえに攻略のしがいがあるのだという高田城。

勉強以上にワクワクするという高田城の言葉に、銅橋はやっぱりこいつもどうかしてると感じながら笑みを浮かべました。

 

その頃、箱根学園の部室には3年生の泉田、葦木場、黒田の姿がありました。

そこで黒田はあの幹部3人に、どうして高田城を入れたのかと泉田に尋ねました。

すると泉田は真波が感性に優れているため、敵の表情を読み取り絶好の機会をうかがうだろうと話し始めます。

しかしチーム全体を支えて動かすのは銅橋の指導力だという泉田。

そしてロードレースであらゆる状況を正確に分析し、簡潔で有効な手立てを生み出すのは高田城の知恵だと言います。

そんな中、葦木場のスマホに総北の新しいキャプテンが決まったと連絡が入り、泉田たちにもそのことが伝えられました。

「2年連続個人総合優勝の小野田坂道だよ」

 

そのことは泉田の口から、練習中の真波にも伝えられました。

真波は少し驚いたような顔をしましたが、「へぇそうなんだ」とすぐ冷静に受け止めます。

泉田に「気になるかい?拒むかい?」と問われた真波は、「いやぁ受け入れますよ」と答えました。

 

一方総北高校の面々にも箱根学園のキャプテンが真波だということが伝えられていました。

全員がその事実に驚く中、呆然とする坂道。

手嶋が感じるものはあるかと坂道に尋ねると、坂道は「はい。感じます」とうなずきます。

そして坂道と真波は互いに、これは運命だと話しました。

 

真波は泉田との電話を終えると、面白いと一人で笑います。

さらに初めて会った時のことを覚えてるかと、坂道に問いかける真波。

そして自転車に乗り、高田城に総北が出そうなレースはどれかと尋ねます。

高田城が彼らの地元の峰ヶ山ヒルクライムレースだと答えると、真波は「俺挨拶行こっかな」と話すのでした。

 

今ならまんが王国にて期間限定で「弱虫ペダル」の1巻と2巻と3巻を無料で読むことができます。

弱虫ペダル

通常価格400ptがなんと無料で読めるこの機会にぜひ試し読みしてみてください!

また4巻以降も会員登録でもらえる半額クーポンでお得に読むことができますので、ぜひ活用してください!

今すぐまんが王国に登録して
弱虫ペダルを読む

まんが王国
まんが王国の特徴とメリット・デメリット!アプリ評判や退会方法まで紹介人気の電子書籍漫画配信サービス「まんが王国」の特徴とメリット・デメリット、アプリ評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

弱虫ペダル最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

弱虫ペダル

今なら1巻〜3巻まで無料で読むことができます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、弱虫ペダル最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
弱虫ペダル最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

 

弱虫ペダル609話感想

真波が坂道もキャプテンになったことを知って動き出すようですね。

2人がお互いにどんな言葉をかけ合うのか気になります。

次回の弱虫ペダル610話が掲載される週刊少年チャンピオン45号は10月8日に発売されます。

弱虫ペダル610話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍