漫画ネタバレ

弱虫ペダル611話ネタバレ!新体制初戦のレースのメンバーが決定!

2020年10月15日発売の週刊少年チャンピオン46号掲載の「弱虫ペダル」のネタバレについてまとめました。

弱虫ペダルを無料で読む方法は?

弱虫ペダル最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、弱虫ペダル最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
弱虫ペダル最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

【前回のあらすじ】

お互いキャプテンになったことを知り、「運命」だと意識する坂道と真波。

真波は坂道との出会い、闘いを思い出し再戦を誓いました。

弱虫ペダル610話ネタバレはこちら

弱虫ペダル611話ネタバレ

新体制が始動した総北では、今日も次の闘いに向けて猛練習に励む部員たちの姿がありました。

そんな中、坂道は山道で本番さながらに、鏑木、段竹、定時とデッドヒートを繰り広げています。

そして3人は坂道を抜き去りました。

どうやら時間差で逃げる2年生の先輩を、1年生が協力して追い抜くという練習のようです。

山ならともかくちょっとしたアップダウンや平坦基調の道なら数がいる方が有利だという鏑木。

定時は兄の照文を抜いてきたようです。

照文を抜く際、定時は自分が風よけになるから一緒に前まで行こうと照文に言いましたが、段竹は2年生を追い抜く練習のため、優しさは捨てろと注意しました。

勝負の世界は時には非情さも必要で、優しさだけじゃ成立しないという段竹。

ということで3人は照文を追い抜いて、坂道の元までやってきていました。

あとは今泉と鳴子をとらえるだけのようです。

追いかけてきても全力で引き離すと宣言する段竹に、坂道は突然笑顔を見せ「3人共ジャージ揃えたんだね!!」と嬉しそうに言いました。

そんな坂道の言葉に定時は気づいてくれたと喜び、1年生で揃えようと話して作ったのだと言います。

昨日やっと届いたのだという定時に、似合ってるしカッコいいと褒める坂道。

喜ぶ定時に段竹は無駄話はいいと注意し、追いかけるぞと声をかけます。

そして坂道と定時は手を振って別れました。

 

その後、3人は今泉と鳴子の元へと向かいます。

今泉と鳴子は数メートル後ろに3人の姿を見つけると、きっちり逃げ切ると意気込み、全力で走りました。

 

その後、朝の練習が終わり、今日から新学期のため教室に向かう坂道。

練習で張り切りすぎて背中が筋肉痛となっており、手すりにつかまりながらヨロヨロと歩いています。

その時、寒咲が坂道におはようと挨拶してきました。

そんな寒咲に坂道は制服で学校に来るのが久しぶりで、教科書一式忘れるところだったと話します。

すると寒咲と一緒にいた橘が「あんた自転車部の主将になったんだって!?」と声をかけてきました。

坂道が照れたように「はい」と答えると、橘は頼りなさげだと感じます。

そして橘は寒咲に、あの感じで務まってるのかと小声で心配しますが、ばっちり一生懸命やってると答える寒咲。

それでも不安そうな橘に、寒咲は坂道の最後のゴールの話や、その時橘が感極まって坂道を抱きしめていたこと、感動のお礼に橘が坂道をテニスに誘うと言っていたことを話し、どんどん話がすり替わっていきます。

さらに寒咲は橘がテニスに誘おうとしていたことを、坂道に言おうとし始め、橘は慌てて彼女の口を塞いで止めました。

すると橘は坂道に主将になったからには頑張りなさいと伝えつつ、「メンバーとかもあんた決めるんでしょ?大変だよね」と言いました。

 

新しいチームになって最初のレースは峰ヶ山を登る「峰ヶ山ヒルクライム」です。

このレースでは毎年各校が3人出して闘うのが、ならわしになっていました。

今泉と鳴子は初戦なのでメンバーは坂道が決めろと話し、自分たちはそれに従うと言いました。

そして1年生と2年生の山のデータやタイム、本人の目標や目指す大会が書かれた資料も渡されました。

しかし坂道は人を選んだことがなく、悩んでいました。

手嶋に引退レースはどうかと声をかけてみましたが、去年も出ているため、自分はもっと小さな大会で最後のレースにする、現役でまとめていけと言われたようです。

エントリーの期限も近く迫っており、どうしようと困り果てる坂道。

すると部活に向かわず校舎の外をウロウロしている坂道に、橘が何をやってるのかと声をかけました。

実は橘も女子テニス部のキャプテンになったらしく、朝会ったときに何かあったら相談に乗るぞと坂道に言ってくれていたのです。

そのため坂道は橘に、どうやってメンバーを選んでいるのかと尋ねました。

すると橘は目を見て決めてると答えました。

 

その後、部活が始まり、峰ヶ山ヒルクライムの3人のメンバーが坂道の口から発表されました。

誰もが自分が選ばれるんじゃないかと期待する中、最初に名前を呼ばれたのは1年の段竹でした。

そして2人目は1年の定時。

さらに3人目は坂道が自分で走ると言い、チームのエースに段竹を任命します。

段竹は(俺が!!山のエース!?)と驚きを隠せない様子でした。

 

弱虫ペダル最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、弱虫ペダル最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
弱虫ペダル最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

弱虫ペダル611話感想

あえて1年生の段竹と定時を選んだ理由は何なのか気になりますね。

新体制となって最初のレースがどうなるのか楽しみになってきました!

次回の弱虫ペダル612話が掲載される週刊少年チャンピオン47号は10月22日に発売されます。

弱虫ペダル612話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍