漫画ネタバレ

全力で、愛していいかな?11巻【31話~33話】ネタバレ!結婚が怖い…

コミックシーモアで配信中の「全力で、愛していいかな?」11巻【31話~33話】のネタバレです。

【前回のあらすじ】

恋も順調、この先嫌だと思うことだってきっと瀬尾となら、と希望を持っていた千世。

しかし友人たちとの飲み会で、結婚なんてしなきゃよかったという言葉を聞いてしまいます。

その言葉に思わず顔をこわばらせた千世は…?

全力で、愛していいかな?10巻【28話~30話】のネタバレはこちら

全力で、愛していいかな?11巻【31話~33話】ネタバレ

大学の時の友人たちとの食事会、久しぶりに集まった嬉しさや懐かしさに話ははずみ、皆楽しくそれぞれの近況を共有しました。

そして良い感じにお酒が回って来たころ、あたしさ、去年離婚したんだと言う友人・レイコ。

急に重い話をしてごめんと言うレイコに皆は愚痴を聞く、と言ってその場はレイコの愚痴大会と化します。

プロポーズされたときは本当に一番うれしくて、楽しくて幸せだったと話したレイコ。

しかし結婚する上で職場や役所への届け出、諸々することが沢山ありました。

それだけでなく、義父母をはじめとする新たに加わった親戚の圧や、引っ越しや今後の人生設計。

もはや忙しさのパレードでしたが、結婚式がある、と言う気持ちで乗り切ろうとしたレイコ。

ずっと憧れていた結婚式が出来る事は本当に嬉しく、準備も大変で元旦那も手伝ってはくれませんでしたが、何とか耐えられました。

けれど、元旦那はなんか全体的に式ビミョーじゃねえ?と言う発言を繰り出してしまいます。

そこからは色々な事が無理だと感じるようになり、今までの不満が爆発して無意識に元旦那に当たってしまう始末。

元旦那も怒って居る理由は聞かず、スマホや友人に逃げるばかり。

結果として二人は離婚に至ったけれど、今はすっきりしているというレイコ。

皆、レイコちゃん頑張った!と応援ムードでしたが、千世だけは何か重たいものを背負ったような気持になっていました。

翌日、あの後スマホで結婚のあれこれを検索してしまい余り寝付けなかった千世。

あ、篁さんこれ置いておいていい?女房からなんだけど皆で食べてよ!と同僚の田中がお饅頭を持って来てくれます。

あー、田中さんの奥さん温泉旅行好きなんだっけーと言う一同。

趣味の合う友人たちと良く行ってると言う話しに、田中さんは行かないの?と別の同僚は尋ねます。

あー、俺はね女房が一番良かったところにまた連れてってくれるんだわ、そううとこ可愛いんだよね~。

その言葉に千世は、言葉にできない喜びを感じてしまいます。

そうだよ、色んな人が居るように色んな夫婦が居るんだ、と考える千世。

これから先、怖いことだって辛いことだってあるかもしれない、でも瀬尾さんとなら、私は色々なものを越えていける。

沿う気持ちが持ち直した途端、結婚を上司に報告したら微妙なセクハラ言われてマジムカつくという会話が聞こえます。

え?マジ最悪じゃん、と女性が言うと、なんかさ、妊娠すんの?ってニヤニヤしてさ、明らかセクハラだわ、と話す女性。

職場に報告したくない、やまだ勤めなきゃいけないけど報告したら居心地が悪いという会話に千世はショックを受けます。

その手の話は私にキく…と、自分の場合を想像する千世。

セクハラ発言などは厳しくなったから無いにしても、なんとなくどの祝福パターンも辛く感じてしまいます。

そこに入る、瀬尾からのデートの誘いを喜んで承諾する千世。

バカだなあ私は、今からそんな事を悩んだってしょうがないよ、ゆっくり心の準備が出来ていくもんなんだよ、きっと。

そう考えながらその夜、瀬尾と会いエスニック料理を食べに行きます。

満足した千世は、お食事美味しかったです、とお礼を言います。

良かった、前にも言ったと思うけど千世ちゃんと職の趣味合うから店を探すの楽しみなんだ、と言う瀬尾。

さて散歩しながら駅まで行こうか、という瀬尾に千世は、え?瀬尾さんの家に行かないんですか?と言ってしまいます。

慌てて、ご迷惑でなければ…と言う千世に、喜んでと返す瀬尾。

お風呂から上がり、瀬尾に髪を乾かしてもらった千世はそう言えばこの間のレモンケーキ凄く美味しかったですと伝えます。

また一緒に作ってみたいですという千世の言葉に一緒に作るお菓子考えておくよ、と返す瀬尾。

けれどこういうのは自分もレパートリーが少なく、母の方が詳しいけど…と言います。

そうなんですね、と言う千世に、あ、それなら今度僕の実家に遊びに来ない?と言う瀬尾。

…ご実家ですか?と千世が言うと、瀬尾はそう、僕の母も千世ちゃんと話したいって、と答えます。

しかしその瞬間、千世の表情の強張りに気づいた瀬尾、千世は何かを言おうとしますが、え…と、とうまく言葉が出て来ません。

千世の頭をぽん、っと菜で、家の外壁の事で詳しい人と話してみたいんだって、と話す瀬尾。

千世ちゃんのお仕事とは少し違うとは思うんだけどさ、千世ちゃんの都合のいい時にどうだろう?と瀬尾は話します。

あ…そうですね、分野が少し違いますが何かわかるかもですし、そういうことでしたら…と返す千世。

その後、部屋で一人になった千世は、多分、絶対ご実家の話の時ヘンな顔していた、と落ち込みます。

やっちゃだめな奴だ、でも反射的に思った、やめてって…。

その気持ちに気付き、どうして、私は瀬尾さんと…と、反論する気持ちが生まれます。

ぼんやりしていると、シャワーから戻った瀬尾が千世にホットミルクを作ってくれていました。

ちょっとお酒が入っててよりおいしいです、と振る舞われたホットミルクを褒める千世。

当たり、ハチミツと少しだけブランデー入ってるよ、多分寝付きが良くなるよ、と瀬尾は言います。

でも、まだ起きていてほしいな、と頬に触れられ、起きて居られますとその身をゆだねる千世。

瀬尾さんは優しい、今こんな時ばかり、瀬尾さんの真意がわかる気がする。

瀬尾さんもきっと私の幼稚な迷いに気付いてると思う、私に今この時の逃げ道だけを作ってくれた。

ごめんなさい、ごめんなさい、瀬尾さんが好きです、ずっとそばに居たいです、あの時の言葉は本当に本心です。

告白の時の事を思い浮かべながら、瀬尾に抱かれる千世。

でも、結婚を怖いと思って、嫌だと思ってしまってごめんなさい、と瀬尾の腕の中で千世は結婚に戸惑い続けるのでした。

全力で、愛していいかな?11巻【31話~33話】感想

うーん、結婚はまだ先だと思っていて良い気がするんですが…。

年齢が年齢なカップルですし避けて通れないですよねえ…。

続きも楽しみです!

全力で、愛していいかな?12巻【34話~36話】ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍