漫画ネタバレ

ゼロの日常53話ネタバレ!ヒロキが好きな子に告白するも失敗!?

2021年6月30日発売の週刊少年サンデー31号掲載の「ゼロの日常」のネタバレについてまとめました。

ゼロの日常を無料で読む方法を徹底調査!

ゼロの日常を無料で読む方法を徹底調査!週刊少年サンデーで連載中の「ゼロの日常」を無料で読む方法をまとめました。 ゼロの日常を無料で読むならコミック.jp! \登録無料...

【前回のあらすじ】

米原桜子は行く先々で事件に遭遇することを悲観していました。

そんな彼女に前向きな方向に考え方変えるリフレーミングを教えた安室。

公園で突然倒れてしまったおじいさんを安室と共に救った桜子は、少しポジティブになれました。

しかしまたもや殺人事件の現場に居合わせた桜子は、ネガティブに逆戻りするのでした。

ゼロの日常52話ネタバレはこちら

ゼロの日常53話ネタバレ

帝丹小学校ではヒロキのクラスの木村さんという女の子が、転校をすることになりました。

そこでお別れのメッセージを書くことになったのですが、ヒロキはその日のうちにメッセージを書けず、明日提出することに。

 

そしてため息をつきながら、下校するヒロキ。

するとたくまとマリアがやってきて、早く行こう!とヒロキを促します。

何のことか忘れていたヒロキは、え?と聞き返します。

実は鶴山のおばあちゃん家で、合唱で唄う「われは海の子」のレコードを聞かせてもらいに行こうと約束していたようです。

ということで3人は鶴山さんの家に向かいましたが、蓄音機が壊れて動かなくなってしまったとのこと。

するとヒロキがあの人を呼ぼうと提案しました。

その人とは、安室のことでした。

安室は蓄音機を見てみましたが、真空管や電気回路の劣化が進んでおり、ターンテーブルのゆがみも強いので直すのは難しいと判明。

それを聞いてがっかりするたくま。

たくまたちはレコードの音を聞いたことがないので、聞いてみたかったようです。

安室もレコードの音には独特の温かさがあるので、ぜひ聞いてもらいたいと感じます。

その時、安室は鶴山さんの家でろくろを発見します。

すると安室は蓄音機を手作りしようと提案しました。

 

ということで安室による蓄音機作りが始まりました。

まずは紙コップ底の中央に厚紙を何枚か重ねて高さを出し、コップ底と平行になるよう針を通します。

この隙間が重要らしく、針を通したフチが支点になって針の振動を増幅してくれるのだとか。

さらに割りばしと輪ゴムで取っ手を作り、使用済みの乾電池を重りにして、手作り蓄音機が完成しました。

カップ麺の容器も付け足して、音をより大きくするための補強も施します。

そしていよいよレコードをろくろに乗せ、針をセット。

安室が手動でレコードを回すと、蓄音機から音が聞こえてきました。

何で聞こえたのかと、驚くたくまたち。

この蓄音機の仕組みはとてもシンプルなもの。

レコード盤にはらせん状に一本の溝が掘ってあり、これが音の造形そのものを表しているのだとか。

そのためこの溝をなぞった針の振動は記録された音そのものなのです。

針の振動を紙コップが空気の振動に変換して、さらに方向性を変えるとスピーカーのようになるようです。

たくまやマリアは面白がって、自分もレコードを回したいと蓄音機に群がります。

一方ヒロキは蓄音機には興味を示さず、上の空でした。

そんな中、たくまが他のレコードがないかと家を探していると、タンスの裏にレコードが挟まっているのを見つけます。

鶴山さんはそのレコードには見覚えがないようです。

そしてたくまはそのレコードを蓄音機にセットし、曲を流しました。

すると蓄音機から、どこかで聞いたことがあるような綺麗な曲が流れてきました。

安室によると、その曲はイギリスの作曲家であるエドワード・エルガーが作曲した「愛の挨拶」という曲のようです。

それを聞いた鶴山さんは、お別れの日にいただいたものだと思い出します。

とても昔に鶴山さんとダンスのパートナーだった人が、仕事で海外に行かなきゃならなくなった時、レコードをプレゼントしてくれたようです。

安室はその曲について作曲家が身分の違いを乗り越えて、妻と結ばれた際に捧げた曲と言われていると解説します。

その話を聞いた鶴山さんは、彼がどんな想いをこのレコードに込めてくれたか分からないけど、想いは言葉にしなきゃなかなか伝わらないものよねと言います。

さらに鶴山さんは、もしちゃんと伝えてくれたら、私の名字も「鶴山」じゃなかったかもしれないと言って、オホホと笑いました。

そんな鶴山さんのことを、不思議そうに見つめるたくまとマリア。

一方ヒロキは何か考え事をしていました。

 

翌日。

木村さんは学校の下駄箱に手紙が入っているのを発見しました。

一方ヒロキは一人でポアロを訪れましたが、しょんぼりしている様子。

安室にヒロキのことを聞かれた梓は、好きな子が転校しちゃったみたいだと話します。

もしかしたら告白できなかったのかもしれないという梓。

しかし実はヒロキは木村さんに告白の手紙を書いたのですが、差出人を書き忘れてしまったようです。

後からそのことに気づいたヒロキは、泣きながらパフェをやけ食いするのでした。

ゼロの日常を無料で読む方法を徹底調査!

ゼロの日常を無料で読む方法を徹底調査!週刊少年サンデーで連載中の「ゼロの日常」を無料で読む方法をまとめました。 ゼロの日常を無料で読むならコミック.jp! \登録無料...

ゼロの日常53話感想

手作り蓄音機まで作れるとは、安室の知識量は相変わらず凄まじいです。

ヒロキはせっかく勇気を出して告白したのに、名前を書き忘れて苦い思い出になってしまいましたね。

次はコナンの本編が始まるようなので、楽しみに待ちたいと思います!

ゼロの日常54話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍